HD 28185 b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HD 28185 b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Moon of HD 28185 b.jpg
HD 28185 b と地球のような衛星(想像図)
主星
恒星 HD 28185
星座 エリダヌス座
赤経 (α) 04h 26m 26.3205s
赤緯 (δ) −10° 33′ 02.955″
視等級 (mV) 7.81
距離 138 ly
(42 pc)
スペクトル分類 G5V
質量 (m) 0.99 ± 0.07 M
半径 (r) 1.04 R
温度 (T) 5705 K
金属量 [Fe/H] 0.24
年齢 7.5 Gyr
軌道要素
軌道長半径 (a) 1.031 ± 0.060 AU
(154.2 Gm)
近点距離 (q) 0.959 AU
(143.5 Gm)
遠点距離 (Q) 1.102 AU
(164.9 Gm)
離心率 (e) 0.070 ± 0.040
周期 (P) 383.0 ± 2.0 d
(1.049 y)
近日点引数 (ω) 351 ± 25°
近日点通過時刻 (T0) 2,451,863 ± 26 JD
準振幅 (K) 161 ± 11 m/s
物理的性質
最小質量 (m sin i) 5.72 ± 0.93 MJ
発見
発見日 2001年4月4日
発見者 Santos et al.
発見方法 視線速度法 (CORALIE英語版)
観測場所 チリの旗 チリ ラ・シヤ天文台
現況 公表
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data
Exoplanet Archive data
Open Exoplanet Catalogue data

HD 28185 bは、地球から約138光年の距離に存在する太陽に似た恒星HD 28185を周回する太陽系外惑星巨大ガス惑星)である。天球上ではエリダヌス座の方角に位置する。この惑星は2001年4月、CORALIE英語版による南天の太陽系外惑星の調査で発見された。2008年に行われたMagellan Planet Search Program英語版による調査でも改めてその存在が確認されている[1]。HD 28185 bの軌道恒星ハビタブルゾーンの内側の境界付近内に位置している[2]

発見[編集]

HD 28185 bの発見は、それまでに見つかっていた他の多くの太陽系外惑星と同様、惑星の重力による恒星のふらつきを検出する視線速度法により行われた。この方法では、ドップラー効果による恒星のスペクトルの変化から惑星の存在を導き出す。2001年、HD 28185のスペクトルが383日の周期で変化しており、かつその振幅から、下限質量木星の5.72倍の惑星が存在しているとの発表がなされた[3]

軌道と質量[編集]

HD 28185 bは恒星を1.04年で周回する軌道をとる。それまでに見つかっていた長い公転周期を持つ他の多くの太陽系外惑星と異なり、HD 28185 bは太陽系火星に匹敵する低い軌道離心率の軌道を持つ[4]。その軌道は恒星ハビタブルゾーン内に位置している[2]

視線速度法の振幅から、HD 28185 bは最低でも太陽系の木星の5.7倍の質量を持つ惑星であることが判っている。しかし、視線速度法で判るのは最低質量だけであり、惑星の軌道傾斜角によっては真の質量はこれより大きな値である可能性もある。

性質[編集]

HD 28185 bはその大きな質量から固体の表面を持たない巨大ガス惑星だろうと考えられている。しかし、惑星の観測データが視線速度法による間接的なものに限られているため、その半径や組成、温度といった情報は不明である。

HD 28185 bの軌道がハビタブルゾーン内に位置することから、この恒星系には生命が存在するのではないかとの推測がなされている[5]。ガス惑星に生命が存在できるかは不明だが、シミュレーションによればHD 28185 bはその周囲に地球質量の衛星を数十億年に渡り保持することが可能であるとの報告がなされている[6]。もしこのような衛星が存在するのであれば、そこには生命が存在可能な環境が広がっていると考えられる。ただし、HD 28185 bの周囲にそのような衛星が形成されうるのかについては、はっきりしていない。[7] その他のシナリオとしては、小さな惑星がHD 28185 bのトロヤ点に長期間安定して存在する可能性が提示されている[8] 木星の5.7倍という巨大質量を持つHD 28185 bでは、木星の衛星やトロヤ群のようにこうした天体が成立する可能性がある。

参考文献[編集]

  1. ^ Minniti, Dante et al. (2009). “Low-Mass Companions for Five Solar-Type Stars From the Magellan Planet Search Program”. アストロフィジカルジャーナル 693 (2): 1424–1430. Bibcode 2009ApJ...693.1424M. doi:10.1088/0004-637X/693/2/1424. http://iopscience.iop.org/0004-637X/693/2/1424/fulltext. 
  2. ^ a b Jones, Barrie W.; Sleep, P. Nick; Underwood, David R. (2006). “Habitability of Known Exoplanetary Systems Based on Measured Stellar Properties”. アストロフィジカルジャーナル 649 (2): 1010–1019. arXiv:astro-ph/0603200. Bibcode 2006ApJ...649.1010J. doi:10.1086/506557. 
  3. ^ Santos, N. et al. (2001). “The CORALIE survey for southern extra-solar planets VI. New long-period giant planets around HD 28185 and HD 213240”. Astronomy and Astrophysics英語版 379 (3): 999–1004. Bibcode 2001A&A...379..999S. doi:10.1051/0004-6361:20011366. http://www.edpsciences.org/articles/aa/abs/2001/45/aah3054/aah3054.html. 
  4. ^ Butler et al.; Wright, J. T.; Marcy, G. W.; Fischer, D. A.; Vogt, S. S.; Tinney, C. G.; Jones, H. R. A.; Carter, B. D. et al. (2006). “Catalog of Nearby Exoplanets”. The アストロフィジカルジャーナル 646 (1): 505–522. arXiv:astro-ph/0607493. Bibcode 2006ApJ...646..505B. doi:10.1086/504701. http://www.iop.org/EJ/article/0004-637X/646/1/505/64046.html.  (web version)
  5. ^ Mullen, L. (2001年). “Extrasolar Planets with Earth-like Orbits”. 2006年7月22日閲覧。
  6. ^ Barnes, J., O'Brien, D. (2002). “Stability of Satellites around Close-in Extrasolar Giant Planets”. アストロフィジカルジャーナル 575 (2): 1087–1093. arXiv:astro-ph/0205035. Bibcode 2002ApJ...575.1087B. doi:10.1086/341477. 
  7. ^ Canup, R., Ward, W. (2006). “A common mass scaling for satellite systems of gaseous planets”. ネイチャー 441 (7095): 834–839. Bibcode 2006Natur.441..834C. doi:10.1038/nature04860. PMID 16778883. http://www.nature.com/nature/journal/v441/n7095/abs/nature04860.html. 
  8. ^ Schwarz, R.; Dvorak, R.; Süli, Á.; Érdi, B. (2007). “Survey of the stability region of hypothetical habitable Trojan planets”. Astronomy and Astrophysics英語版 474 (3): 1023–1029. Bibcode 2007A&A...474.1023S. doi:10.1051/0004-6361:20077994. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 04h 26m 26.3205s, −10° 33′ 02.955″