GTR (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GTR
GTRスタジオ・アルバム
リリース
録音 1985年 - 1986年
タウンハウス・スタジオ(ロンドン)
ジャンル ハードロックプログレッシブ・ロック
時間
レーベル アメリカ合衆国の旗イギリスの旗アリスタ
日本の旗CBSソニー
プロデュース ジェフ・ダウンズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 11位(アメリカ)[1]
  • 33位(スウェーデン)[2]
  • 40位(オランダ)[3]
  • 41位(イギリス)[4]
テンプレートを表示

GTR』はイギリスロックバンドGTRの1stアルバムである。

解説[編集]

エイジア脱退後のスティーヴ・ハウが、元ジェネシススティーヴ・ハケットと出会ったことによって生まれたバンド「GTR」の最初にして最後のアルバムである。

このアルバムはプログレッシブ・ロック通過後のメロディアス・ロック路線の曲が大半を占めているが、ハウによるインスト曲(4)、ハケットによるインスト曲(9)もあり、それぞれが在籍していたイエス、ジェネシスを彷彿させるような個性的な仕上がりにもなっている。

当時、このアルバムはメンバーの知名度の高さゆえに、そのギャップで評価が低かったが、現在では評価が高まっている。

1stシングルとなった「ハート・マインド」はアメリカのBillboard Hot 100で14位にランクインしたが、2ndシングルとなった「ハンター」はBillboard Hot 100では85位と振るわなかった[1]

また、「ハンター」はジェフ・ダウンズの作った曲で、ジョン・ペイン在籍時のエイジアにも提供された。

収録曲[編集]

  1. ハート・マインド "When The Heart Rules The Mind"(Hackett/Howe)_5:30
  2. ハンター "The Hunter"(Downes)_4:58
  3. ヒア・アイ・ウェイト "Here I Wait"(Hackett/Howe)_4:57
  4. スケッチ・イン・ザ・サン "Sketches In The Sun"(Howe)_2:33
  5. ジキルとハイド "Jekyll And Hyde"(Hackett/Howe/Bacon)_4:44
  6. ゲット・スルー "You Can Still Get Through"(Hackett/Howe)_4:58
  7. リーチ・アウト "Reach Out (Never Say No)(Hackett/Howe/Spalding)_4:06
  8. トー・ザ・ライン "Toe The Line"(Hackett/Howe)_4:30
  9. ハケット・トゥ・ビッツ "Hackett To Bits"(Hackett)_2:10  
  10. イマジニング "Imagining"(Hackett/Howe/Mover)_5:53

メンバー[編集]

脚注[編集]