TrueNAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FreeNASから転送)
TrueNAS CORE
TrueNAS-12.0-Core.png
TrueNAS CORE 12のWeb管理インターフェイス
開発元 iXsystems
最新版
13.0-U3.1 / 2022年11月1日 (2か月前) (2022-11-01)
最新評価版
13.0-BETA1 / 2022年2月9日 (11か月前) (2022-02-09)
リポジトリ https://github.com/truenas/
対応OS FreeBSD
プラットフォーム x86-64, v9.2.1.9 was the last release that supported 32-bit[1].
前身 FreeNAS
ライセンス BSDライセンス
公式サイト www.truenas.com
テンプレートを表示
TrueNAS SCALE
開発元 iXsystems
最新版
22.12 (Bluefin) / 2022年12月13日 (45日前) (2022-12-13)
リポジトリ ウィキデータを編集
対応OS Debian Linux
プラットフォーム x86-64
ライセンス CC-BY-NC-SA
公式サイト www.truenas.com/truenas-scale
テンプレートを表示

TrueNAS(トゥルーナス)は、PCでNAS(ネットワークアタッチトストレージ)を構築することに特化したUnix系システム(FreeBSDディストリビューション)である。BSDライセンス下で配布されている。バージョン12.0よりFreeNASもTrueNASに統合された。

Linuxをベースとしたシステムへの移行が検討されたが、iXsystems英語版が支援を表明し、8.x系への移行とGUIのモジュール化、PC-BSDのPBIを参考にしたモジュール技術の投入として、開発は継続されることとなった。

LinuxベースにFreeNASの成果を移植したCoreNASと呼ばれていたシステムはOpenMediaVaultとして、フォークし、従来のFreeNASプロジェクトの主要開発者であるVolker Theileはこちらへ移行する。

また FreeNAS 0.7系をベースで派生したXigmaNASも開発が行われている。

バージョン12.0より有償版であった従来のTrueNASはTrueNAS Enterpriseへ名称変更され、無償版のFreeNASはTrueNAS COREへ名称変更・統合された(COREはCommunity supported Open source Rapid development Early availabilityの略称)[2]

Debian LinuxをベースとしたTrueNAS SCALEは2022年2月22日に正式版がリリースされた[3]

特徴[編集]

システム要件[編集]

ファイルシステムにZFSを用いるため、特にシステムメモリに対して高めの性能が要求される[4]

  • 2コア以上のAMD64アーキテクチャCPU
  • 16GB以上のシステムメモリ
  • 16GB以上のブート用SSD
  • 2台以上の同一容量のストレージデバイス(RAID用)

利用可能なプロトコル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.freenas.org/hardware-requirements/
  2. ^ FreeNAS and TrueNAS are Unifying” (英語). Blog. iXsystems, Inc. (2020年3月5日). 2020年6月28日閲覧。
  3. ^ First Official RELEASE of TrueNAS on Linux!” (英語). iXsystems, Inc.. 2022年2月23日閲覧。
  4. ^ CORE Hardware Guide |”. www.truenas.com. 2022年1月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]