FORWARD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FORWARD
鈴木康博カバー・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
CD:TOCT-25563
プロデュース 小野浩次
鈴木康博 アルバム 年表
AFTER
2004年
FORWARD
(2004年)
LIVE2005 "FORWARD"
2005年
テンプレートを表示

FORWARD』(フォーワード)は、2004年12月8日にリリースされた鈴木康博のソロとして3作目のセルフカヴァー・アルバム

解説[編集]

鈴木康博にとってオフコース時代の楽曲のセルフカヴァー・アルバムは『BeSide[1]に続いて2作目である。前作では、アルバム制作時に結成されたバンド“Yass”による新たな解釈でのアプローチを全面に押し出していたが、今作は演奏のみならず、レコーディングやミキシングといったほとんどのプロセスを鈴木自身が担当し、鈴木康博というアーティストの可能性を徹底的に突き詰めた作品となった。このアルバムをリリースした経緯について鈴木は「ひとつのきっかけは年齢です。50歳を超えたころから、過去を振り返ろうという気持ちになった」とし、ソロになってからの楽曲をセルフカヴァーしたアルバム『Reborn[2]を作ったとき、オフコースの楽曲にも挑戦してみたいという気持ちが芽生えたからだという。今作では基本的にはオフコース当時のアレンジを踏襲しているが、これについても鈴木は「全部の楽器を自分でやったら非常に心地よかった。自分の居場所をみつけてじっくりと取り組んでいるという感じがした。完全コピーもやってみたら『こんなふうにしていたのか』と改めて分かったこともたくさんあった」とインタビューで答えている。アルバム・タイトルについては「改めていい時代だったなと思いながら作業したが、単に“LOOKING BACK”しているだけだと懐古趣味になってしまうので、“FORWARD”=前へとした」とし、「今、自分が感じることは何か。新しいものは何かを考えながら次の曲を作っていきたい。時代のこと、自分の気持ちを歌にしていきたい。それがFORWARDということだと思う」とも語っている。

アルバム・ジャケットおよび、ブックレット内の写真はオフコース当時、鈴木の写真を数多く撮ってきた田村仁が担当している。また、CDには音楽トラックの他、パソコン用のCD-ROMデータとして鈴木のオフィシャル・サイトへのアクセス用画面が収録されている。

収録曲[編集]

  1. 明日の風に吹かれて 4:13
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    本作に収録された唯一の新曲。「もしもオフコースがまだ存在していたら、こんな新曲を書いていただろう」という前提で制作された。作り始めた当初は結局、うまくイメージが沸いてこなくて、しばらくは放置していたがその後、ごく一般的な再会に主題に変更して再度着手し、旅の空の下でフッと会うのなら重くなくていいのではないかと考え、完成させたという。「小田和正のことを歌っているのでは」との憶測を抱いたファンは多かったらしく、鈴木自身にも質問が寄せられたが、鈴木は2005年のツアーMCで「聴いた人はきっとそう思うだろうな、といういたずら心もあった」と語っている。
  2. 愛のゆくえ 4:54
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはアルバム『I LOVE YOU[3]収録曲。ここでは間奏をストリングスからエレキギターに変えている。
  3. 素敵なあなた 5:25
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはアルバム『I LOVE YOU』[3]収録曲。この曲は以前、シングル「海側の景色[4]のカップリングで一度セルフカヴァーされているので、今回が二度目となる。
  4. 汐風のなかで 3:31
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはアルバム『Three and Two[5]収録曲でシングル「さよなら」[6]のカップリングとしても発売された。ここではアカペラにリアレンジされている。
  5. 潮の香り 3:42
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはアルバム『JUNKTION[7]収録曲でその後、ベスト・アルバムSELECTION 1973-78[8]に収録された。この曲は以前、『BeSide』[1]で一度セルフカヴァーされているので、今回が二度目となる。
  6. 恋を抱きしめよう 4:17
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはシングル「風に吹かれて」[9]のカップリングとしてリリースされ、その後アルバム『Three and Two』[5]に収録された。この曲は以前、『BeSide』[1]で一度セルフカヴァーされているので、今回が二度目となる。
  7. 雨よ激しく 3:11
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはアルバム『ワインの匂い[10]収録曲。
  8. 君におくる歌 4:53
    作詞 : 鈴木康博・大間仁世、作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはアルバム『over[11]収録曲でシングル「言葉にできない」[12]のカップリングとしても発売された。
  9. ロンド 3:12
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはシングル[13]でリリースされた。この曲は以前、ソロデビュー10周年記念アルバム『あなたとともに〜10th Anniversary[14]と『BeSide』[1]で二度セルフカヴァーされているので、今回が三度目となる。ここではオリジナルにはあったサックスのパートが省略されている。
  10. 青春 3:25
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはライブ・アルバム秋ゆく街で / オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート[15]で発表されその後、歌詞を一部書き換えて『SONG IS LOVE[16]に収録されたほか、ベスト・アルバム『SELECTION 1973-78』[8]にも収録された。この曲は以前、『BeSide』[1]で一度セルフカヴァーされているので、今回が二度目となる。
  11. 恋人よ そのままで 3:25
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはシングル「秋の気配[17]のカップリングとしてリリースされ、その後アルバム『JUNKTION』[7]に収録された。ここでは最後の「美しい」というフレーズを、オリジナルよりキーを下げて歌っている。
  12. いくつもの星の下で 4:28
    作詞・作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはアルバム『We are[18]収録曲でその後、ベスト・アルバム『SELECTION 1978-81[19]に収録された。この曲は以前、『BeSide』[1]で一度セルフカヴァーされているので、今回が二度目となる。ここでは間奏をエレキギターから口笛に変えている。
  13. 一億の夜を越えて 3:38
    作詞 : 安部光俊、作曲・編曲 : 鈴木康博
    オリジナルはアルバム『We are』[18]収録曲でその後、ベスト・アルバム『SELECTION 1978-81』[19]に収録された。この曲は以前、『あなたとともに〜10th Anniversary』[14]と『BeSide』[1]で二度セルフカヴァーされているので、今回が三度目となる。ここでは間奏のギターをエレキからアコースティックに変えている。

クレジット[編集]

All Songs
written arranged played recorded and mixed
by YASUHIRO SUZUKI
 
Producer  KOJI ONO (omg)
A&R diretor  HIROKAZU FUJISAKA (TOSHIBA-EMI)
Mastering engineer  YOICHI AIKAWA (Rolling Sound Mastering)
 
Designer  JUNKO OGAWA (omg)
Photographer  TAMJIN
Artwork coordinator  SHINNOSUKE KOTANI (TDO)
 
Promoter  FUMITAKE TAJIMA (TOSHIBA-EMI)
KYOSUKE INUBUSHI (TOSHIBA-EMI)
Sales promoter  MOTOHIRO MIZUSHIMA (TOSHIBA-EMI)
HIROSHIGE OKAMOTO (TOSHIBA-EMI)
 
Artist manager  DAISUKE SHOJI (omg)
 
Supervisor  TAKAO TAMURA (TOSHIBA-EMI)
 
Special thanks to NAOYUKI MINAMI
TAKA SATOH (Craftsman Studio)
Member Of Gallery YS

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g BeSide1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772
  2. ^ Reborn2001年4月25日発売 BANDAI MUSIC CD:DNCA-2001
  3. ^ a b オフコースI LOVE YOU1982年7月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-90180
  4. ^ 海側の景色1996年8月21日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR SCD:BVDR-1115
  5. ^ a b オフコース『Three and Two1979年10月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-80107
  6. ^ オフコース「さよなら」 1979年12月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI EP:ETP-10655
  7. ^ a b オフコース『JUNKTION1977年9月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-72269
  8. ^ a b オフコース『SELECTION 1973-781978年5月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-80015
  9. ^ オフコース「風に吹かれて」 1979年6月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI EP:ETP-10583
  10. ^ オフ・コースワインの匂い1975年12月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-72123
  11. ^ オフコース『over1981年12月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-90150
  12. ^ オフコース「言葉にできない」 1982年2月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI EP:ETP-17230
  13. ^ オフコース「ロンド」 1977年11月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI EP:ETP-10343
  14. ^ a b あなたとともに〜10th Anniversary1993年4月14日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI CD:TOCT-7017
  15. ^ オフ・コース『秋ゆく街で / オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート1974年12月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-72024
  16. ^ オフ・コース『SONG IS LOVE1976年11月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-72212
  17. ^ オフコース「秋の気配」 1977年8月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI EP:ETP-10270
  18. ^ a b オフコース『We are1980年11月21日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-90038
  19. ^ a b オフコース『SELECTION 1978-81』 1981年9月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI LP:ETP-90106