EXTRAPOWER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

EXTRAPOWERは、LUCKY LAMP PROJECTによるパソコンゲームのシリーズ。『ATTACK OF DARKFORCE』と『STAR RESISTANCE』の二作品が公開されており、いずれもふりーむ!ゲームコンテストにおける受賞作である。

ATTACK OF DARKFORCE[編集]

EXTRAPOWER
ATTACK OF DARKFORCE
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 Microsoft Windows 95/XP
デザイナー ニードル・サンドマン
秋本ワーグマン
sharkun
美術 ニードル・サンドマン
人数 1人
メディア ダウンロードゲーム
発売日 2008年12月23日
最新版 3.44/ 2009年8月10日
エンジン シミュレーションRPGツクール95
その他 フリーウェア
ふりーむ!ゲームコンテスト
ふりーむ賞受賞作
テンプレートを表示

EXTRAPOWER -ATTACK OF DARKFORCE-』は、2008年12月23日フリーウェアとしてふりーむ!にて公開され、第4回ふりーむ!ゲームコンテストで「ふりーむ賞」を受賞したシミュレーションRPGツクール95製のシミュレーションRPG

ストーリーは、シャークン星の皇子シャークン拷が、宇宙全体の支配を画策するダークフォースの標的になっていることを知らせるため、地球へと飛来する場面から始まる。やがて各地のヒーローはシャークン拷の下に集結し、ダークフォースと戦うことになる。

制作背景[編集]

本作は「いままで見てきた漫画アニメ特撮などに畏敬の念を込めて」企画した作品とされる。苦労した点としては、作中の素材をすべて自力で作成するため、膨大な作業をこなしたことをあげている[1]

2005年頃に、以前から創作していた多数のキャラクターを作品に登場させて公開しようと思い立ったのが制作のきっかけであるという。通常のRPGでは多数のキャラクターを活躍させるのが難しいと考え、個々のキャラクターを戦闘アニメーションや行動によって強調できるシミュレーションRPGになったとされ、そのためにRPGツクールではなくシミュレーションRPGツクール95を採用したとしている[2]

評価[編集]

ふりーむ!ゲームコンテストでは、作中のイラストやストーリーについて評価されているが、「登場人物の多さや個性的なクセが気になる」ともされている。しかし「燃えたぎるような魂が伝わってくる」作品であり、「圧倒的な力は、筆舌に表しがたい」と評されている[3]

ベクターの「新着ソフトレビュー」では、「次から次へと新たな展開が押し寄せ、先を予想させない怒濤のストーリーが絶品」と評価されている。そして「絵柄やストーリーに多少クセはあるかもしれないが、魅力に満ちあふれた」作品であると評されている[1]

窓の杜のコーナー「週末ゲーム」では、「ヒーローたちの競演」が最大の魅力であると評価されており、「次々にヒーローと敵が現れ目まぐるしく展開するストーリーに、グイグイと引き込まれていく」と評されている。ただし「シミュレーション部分では戦闘ごとに発生するアニメーションをカットできず、同じシーンを何度も見ることになるため少々テンポが悪い」との指摘がなされている[4]

STAR RESISTANCE[編集]

EXTRAPOWER
STAR RESISTANCE
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 Microsoft Windows XP/7
ディレクター ニードル・サンドマン
シナリオ ニードル・サンドマン
プログラマー sharkun
音楽 秋本ワーグマン
人数 1人
メディア ダウンロードゲーム
発売日 2012年10月11日
最新版 1.14/ 2013年5月22日
エンジン RPGツクールVX
その他 フリーウェア
ふりーむ!ゲームコンテスト
優秀賞受賞作
テンプレートを表示

EXTRAPOWER -STAR RESISTANCE-』は、2012年10月11日にフリーウェアとしてとしてふりーむ!にて公開され、第8回ふりーむ!ゲームコンテストにで優秀賞を受賞したRPGツクールVX製のシューティングゲーム

プレイヤーは攻撃方法が異なる4種の操作キャラクターを選択できる。ゲーム中に登場するアイテムを手に入れると攻撃が強化されるが、ダメージを受けると以前の攻撃に戻ってしまう。また特別な攻撃である「EXTRAPOWER」(超絶能力)は、一定の条件を満たさないと発動することができない。なおストーリーは、前作『ATTACK OF DARKFORCE』よりも前の出来事という設定である。

評価[編集]

ふりーむ!ゲームコンテストでは、「キャラ個性が独特でユニーク」であり「たまらなくアツい戦いに感じてしまうような小さな演出の数々が素晴らしい」と評されている。また「ゲーム部分でも、演出や操作性がしっかりしている」と評価されている[5]

窓の杜のコーナー「週末ゲーム」では、「アメコミ風のキャラクターたちがパンチやレーザーで敵をなぎ倒していくというシューティングとしては異色の内容」と評され、キャラクターごとに「攻略法を見つけ出す楽しみ」があり、また隠しキャラクターや前述の「超絶能力」など「豊富な隠し要素を見つけるのが楽しい」と評価されている。そして「各キャラクターたちには熱い熱いストーリーが用意されているのも大きな魅力」とも評されている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 新着ソフトレビュー「EXTRAPOWER ATTACK OF DARKFORCE」 ベクター 2014年5月17日
  2. ^ フリーゲーム あの人に聞きたい! 第2回 ニードル・サンドマン さん・秋本ワーグマン さん フリゲれびゅわーず 2010年5月2日
  3. ^ 第4回ふりーむ!ゲームコンテスト:結果発表 ふりーむ! 2009年5月1日
  4. ^ 【週末ゲーム】第419回:熱血シミュレーションゲーム「EXTRAPOWER ATTACK OF DARKFORCE」 窓の杜 2010年7月9日
  5. ^ 第8回ふりーむ!ゲームコンテスト公式ページ ふりーむ! 2013年4月25日
  6. ^ 【週末ゲーム】第515回:熱血ヒーローシューティングゲーム「EXTRAPOWER STAR RESISTANCE」 窓の杜 2013年3月15日