CYBORG KAORI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CYBORG KAORI
サイボーグかおり
出生名 熊谷香
くまがい かおり
生誕 (1992-02-12) 1992年2月12日(25歳)
出身地 日本の旗 日本 岩手県盛岡市
ジャンル ヒップホップ
職業 大学生ヒューマンビートボクサー
活動期間 2012年 -
公式サイト 『サイボーグの脳内解放☆』

CYBORG KAORI(サイボーグかおり、1992年2月12日 - )は、ヒューマンビートボックスを得意とする岩手県出身の日本ミュージシャンビートボクサー)、女優である。

解説[編集]

来歴[編集]

岩手県盛岡市出身で、盛岡白百合学園高等学校を経て実践女子大学人間社会学部人間社会学科に在籍していた。実践女子大学アカペラサークルJAC総代表としてヒューマンビートボクサーTATSUYAに出会い、ヒューマンビートボックスを始める[1]

人物[編集]

ノイズベースという、音階調節ができる分厚いベース音を使いこなせる。CYBORG KAORI名義はヒューマンビートボクサーのTATSUYAらの命名によるものである。現在は都内ライブハウスを中心に各種イベントやインターネット番組などで活動しており、バスケットボールチーム横浜ビー・コルセアーズの応援隊として、ハーフタイムショーや各種イベントにも参加している[2]。基本的にステージ衣装はブラウスにミニのサロペットスカートとシンプルな装いで、HIPHOP系ファッションを嗜好するヒューマンビートボクサーが多い中において、「普通の女の子でもヒューマンビートボックスはできる」旨のアピールである[3][要高次出典]。セロリと白湯を嗜好し、飲食店で冷飲料を注文する場合は基本的に氷抜きを頼んでいる。

主な出演[編集]

ライブ[編集]

  • ZEEP DIVER CITY TOKYO『元気玉-GENKIDAMA-vol.39〜東名阪3大都市ツアーin東京』
  • 赤坂BLITZ『UNIVERSAL BREAK COLLECTION』
  • BAY SIDE YOKOHAMA『横濱大革命 vol.1-THE KING OF YOKOHAMA PARTY-』
  • 新宿風林会館『プロパガンダ』
  • 渋谷WWW『TOKYO BOOTLEG CIRCUIT'13』
  • 新宿Naked Loft『お笑いトークラリーvol.24「ミラクルサイボーグDX」』

インターネット番組[編集]

  • 北参道放送局
    • 『サイボーグかおりの細胞解剖局♪』(メインMC)
    • 『抜け駆け!!女塾 vol.7 夏はまだまだ終わらないSP!!』
  • WALLOP
    • 『タコのドル箱』
    • 『Let'sたこあきパーティ~』
  • USTREAM
    • 『黒田運送(カフェ)』

テレビ[編集]

  • 『サイエンスZERO もう逃げられない!?あなたを狙う顔認証技術』NHK Eテレ(オープニング映像のみ)
  • アウト×デラックス90分スペシャル』フジテレビ(「リズムを刻まずにはいられない女子大生」として出演)
  • 『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』フジテレビ(「アウト×デラックス」コーナーにアウト軍団の一員として出演)
  • 『それゆけ!ゲームパンサー!』日本テレビ
  • 『なぜ?そこ?』テレビ朝日
  • 『お願いランキング』テレビ朝日
  • 『ギョクセキっ!』関西テレビ
  • 『ミュージャック』関西テレビ
  • 『5時に夢中!』東京MX
  • 『もりもり!コジマトペー』広島テレビ ※ナレーション
  • 『ALLザップ』BSスカパー

ドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

  • 『小柳ゆき I’m Fun Area』FM-FUJI
  • 『Yakult presents 小さな小さな物語』TOKYO FM (声優として出演)
  • 『大竹まことのゴールデンラジオ』文化放送

CM[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人ブログ
  2. ^ 辰巳シーナオフィシャルブログより
  3. ^ インターネット番組のインタビューより
  4. ^ 園子温版「リアル鬼ごっこ」 高橋メアリージュンら総勢34人の追加キャスト一挙発表” (2015年3月5日). 2015年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]