BankingWeb21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

BankingWeb21(バンキングウェブ21、BW21)は、NECが開発した純オープン系勘定系システムのパッケージである。

概要[編集]

BankingWeb21は、UNIX基盤上で旧住友銀行が開発した運用基盤ミドルウェアのOpenDiosaを採用し、低コストで先進的なオブジェクト指向技術を採用したパッケージとされている。稼働環境は、NECのUNIXサーバーで、オペレーティングシステムHP-UXデータベース管理ソフトOracle DatabaseアプリケーションサーバBEAなど。

200億円以上を投じ、米国、中国、インド、日本の4カ国で開発。1999年7月に発表。2003年5月に1行目の八千代銀行が稼働開始し、「日本初のオープン系勘定系」とされている。

当初は八千代銀行を含め9行が採用を発表していた。しかしBankingWeb21の開発遅延により、八千代銀行の稼働開始は予定より2年遅れ(2001年5月→2003年5月)となった。この開発遅延、その対応の中で八千代銀行専用のカスタマイズとなってしまったとの報道、稼働直後の6月の障害などもあり、2004年の大光銀行をはじめとして採用撤回が続き、「失敗プロジェクト」とも呼ばれた[1][2]。2005年には営業活動停止の報道もされたがNECは否定した[3]。稼働は八千代銀行のみの状態が7年間続いたが、2010年5月に2行目となる三重銀行で稼働開始した。

採用行[編集]

  • 稼働中
  • 稼働予定
    • なし
  • 採用撤回行
    • 岩手銀行 2000年に、既存のNECメインフレームを一旦更新し、営業店システムもNEC開発のパッケージを導入した上で、その後BankingWeb21へのリプレースを発表していた。その後撤回し、PROBANKへの移行を検討するも、こちらも撤回し、結果的には2005年NTTデータ地銀共同センターへリプレース。
    • 愛媛銀行 2005年採用撤回。結果、NECメインフレームを継続。2015年にネットワークとハードウェアを更新し、NECを継続利用。
    • 東日本銀行 大光銀行共同システム→採用撤回→大光銀行共同システム単独→富士通とアウトソーシング契約を締結。富士通バンキングインフォテクノが開発・運用を担っている形で稼働[6]→2018年頃を目処に、NTTデータ共同システム(MEJAR)の5行目の稼働行として、リプレースを予定。
    • 大光銀行 TRITON/ACROSS21→東日本銀行共同システム→採用撤回→NEXTBASE
    • トマト銀行 2006年4月採用撤回→NEXTBASE。
    • 高知銀行 2006年12月採用撤回→NEXTBASE。
    • 大東銀行 2007年5月採用撤回→NECメインフレーム(ACOS-4)を継続の上、2009年1月に更新→2016年5月6日にNEXTBASEへリプレース[7]
    • (旧)びわこ銀行 2010年3月に関西アーバン銀行に吸収合併され、その後関西アーバン銀行のシステム(SMBCシステムを利用した、日本総合研究所開発のパッケージ)に片寄せされたため、事実上の採用撤回。
    • 沖縄銀行 2011年1月採用発表、2014年稼働開始予定[8]→ 2014年3月28日開発凍結を発表。2016年1月4日に現行のNECメインフレームをリプレース[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]