Adblock Plus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Adblock Plus
Adblockplus icon.png
開発元 Eyeo GmbH
最新版
for Firefox

2.6.9 - 2015年3月31日(2か月前) (2015-03-31[1]

for Chrome, Opera, Safari

1.9 - 2015年6月16日(2日前) (2015-06-16[2]

for IE

1.4 - 2015年2月26日(3か月前) (2015-02-26[3]

for Android
1.3 - 2015年3月3日(3か月前) (2015-03-03[4][±]
最新評価版 [±]
種別 拡張機能
ライセンス GPL
公式サイト https://adblockplus.org/
テンプレートを表示

Adblock Plus広告をブロックするウェブブラウザ拡張機能である。その他、トラッキング(アクセス解析、行動追跡など)、マルウェアを配布していたサイト、ソーシャルボタンをブロックする機能も持つ[5]Mozilla FirefoxGoogle ChromeAndroidSafari[6]OperaInternet Explorerに対応する。

概要[編集]

広告のブロックはフィルタにヒットしたとき行われる。フィルタはインターネット上のものを購読でき、また、自作することも可能である[7]。ブロックのやり方には「URLを指定して素材のダウンロードそのものをブロックするもの」と「HTML要素を指定して画面上に表示しなくするもの」の2種類があり、前者は「blocker」、後者は「hider」と呼ばれている。

収益[編集]

  • 控えめな広告(Acceptable Ads)
Adblock Plusには控えめな広告を許可する(表示する)設定のできる機能があり[8]、デフォルトで有効になっている[9]Googleのような大型ウェブビジネス等の一部の企業による広告について、「控えめな広告」のリストに追加する代償としてその企業に利益の一部の支払いを求める、というようなことが行われている[9][10]
  • アフィリエイトID
同機能はバージョン2.3で削除されたため、現在は存在しない[11]。Adblock PlusにはURLの入力ミスを自動訂正するURL Fixer機能がかつて存在し、その機能を用いてショッピングサイトにアクセスした際には自動的にAdblock PlusのアフィリエイトIDを付加し、Adblock Plusプロジェクトの収入になっていた。

脚注[編集]

  1. ^ Wladimir Palant (2015年3月31日). “Adblock Plus 2.6.9 for Firefox released”. Adblock Plus. 2015年5月29日閲覧。
  2. ^ Sebastian Noack (2015年6月16日). “Adblock Plus 1.9 for Chrome, Opera and Safari released”. Adblock Plus. 2015年6月18日閲覧。
  3. ^ Oleksandr Paraska (2015年2月26日). “Adblock Plus 1.4 for IE released”. Adblock Plus. 2015年3月3日閲覧。
  4. ^ René Jeschke (2015年3月3日). “Adblock Plus 1.3 for Android released”. Adblock Plus. 2015年3月7日閲覧。
  5. ^ Adblock Plus - Features”. Eyeo GmbH. 2014年1月11日閲覧。
  6. ^ 普及する広告ブロック:ウェブビジネスは生き残れるのか « WIRED.jp”. WIRED. コンデナスト・ジャパン. 2014年1月11日閲覧。
  7. ^ Firefoxの拡張機能はとっても便利! - Adblock Plus ● ページ内の広告を表示しない:ITpro”. ITpro. 日経BP. 2014年1月11日閲覧。
  8. ^ Adblock Plus - Features”. Eyeo GmbH. 2014年1月11日閲覧。
  9. ^ a b 広告を消してくれるブラウザ拡張機能「Adblock Plus」の秘密 - GIGAZINE”. GIGAZINE. OSA. 2014年1月11日閲覧。
  10. ^ 普及する広告ブロック:ウェブビジネスは生き残れるのか « WIRED.jp”. WIRED. コンデナスト・ジャパン. 2014年1月11日閲覧。
  11. ^ Typo correction feature removed - Features”. Eyeo GmbH. 2014年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]