826aska

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
826aska
生誕 (2001-08-26) 2001年8月26日(19歳)
出身地 日本の旗 日本福井県鯖江市
ジャンル ポピュラー音楽
担当楽器 エレクトーン ステージア
活動期間 2010年 -
レーベル ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2019-)
共同作業者 Ryo

826aska(はちにいろくあすか、2001年8月26日[1] -)は、福井県鯖江市出身・在住のエレクトーン奏者。ヤマハのSTAGEA・ELS-02Cを使用している。実兄のRyo(ドラム)と兄妹ユニット「Arcobaleno」としても活動している[2]。名義の「826」は誕生日に由来する。

経歴[編集]

母親の影響で8歳から電子オルガン教室に通い始め、父親の発案により2010年から演奏動画を定期的にYouTubeに公開していた[3]

2015年12月31日にスター・ウォーズのメドレー動画[4]を投稿したところ、英国『デイリー・メール』で「謎の日本人女性による完璧なカバー」として紹介された[5]。また、この動画を見て感動した竹田恒泰は、当時まだ中学生だった826askaに対し、自身の結婚式での演奏をメールで直接依頼した。

その後『都市日報』カナダ版[6]や、スイスの『ル・ヌヴェリストフランス語版[7]』にも取り上げられ、同動画は公開後1か月で100万回再生を突破した[3][8]

また『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』ローカル枠(福井放送)や福井市の商業施設ハピリンの開業記念イベントなどでライブ演奏を果たした[9]

2018年からは本格的なコンサート・ツアーを行い、2019年にはヤマハミュージックコミュニケーションズからCDをリリースしてメジャー・デビュー[10]

2020年5月、福井県立恐竜博物館の常設展示室内でコラボレーションとして演奏[11]

メディア[編集]

テレビ[編集]

作品[編集]

  • DEPARTURE (2019年3月27日) YCCS-10069/B(DVD付)、YCCS-10070(CDのみ)
  • possible (2020年3月25日) YCCS-10085/B(Blu-ray+DVD付)、YCCS-10086/B(Blu-ray付)、YCCS-10087(CDのみ)

コンサート・ツアー[編集]

  • 826aska Live Tour ~Departure~ (2018年7月21日 - 8月25日、5会場6公演)
  • 826aska Live Tour 2019 ~Zephyr〜(2019年3月30日 - 8月25日、10会場12公演)

出典[編集]

  1. ^ 826askaオリジナルグッズ”. 826aska. 2020年6月9日閲覧。
  2. ^ 826aska (2017-12-28), 【 黒い炎 Get It On 】by Arcobaleno (826aska兄妹ユニット) エレクトーン&ドラム演奏, https://www.youtube.com/watch?v=FNkKkFiB1tk 2019年3月9日閲覧。 
  3. ^ a b 「絶賛の嵐、鯖江の電子オルガン少女」 『fu+』 福井新聞社、2016年1月29日http://www.fukuishimbun.co.jp/fu/000_news/detail.php?page=article&storyid=17270 
  4. ^ 826aska、「スター・ウォーズ」メドレー 【 STAR WARS 】 エレクトーン演奏 - YouTube
  5. ^ “The force is strong with this one! Musician plays the entire orchestral score to Star Wars on a keyboard by herself”. Daily Mail Online. (2016年1月4日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-3383554/The-force-strong-one-Musician-plays-entire-orchestral-score-Star-Wars-keyboard-herself.html 
  6. ^ “One-woman orchestra crushes Star Wars soundtrack”. Metro. (2016年1月7日). http://www.metronews.ca/entertainment/2016/01/06/star-wars-soundtrack-japanese-keyboard-player.html 
  7. ^ “Elle joue tous les instruments du thème de Star Wars seule à l'orgue”. Le Nouvelliste (ESH Médias). (2016年1月15日). http://www.lenouvelliste.ch/articles/lifestyle/loisirs-et-culture/elle-joue-tous-les-instruments-du-theme-de-star-wars-seule-a-l-orgue-490491 
  8. ^ 「福井発の「スター・ウォーズ」演奏動画が話題 再生100万回、海外からコメントも」 『福井経済新聞』 、2016年1月28日http://fukui.keizai.biz/headline/217/ 
  9. ^ 「福経・年間PV1位は「ミスド閉店」 「テクノ法要」など音楽関連も上位に」 『福井経済新聞』 、2016年12月20日http://fukui.keizai.biz/headline/352/ 
  10. ^ Inc, Natasha. “女子高生YouTuber、826askaがヤマハからメジャーデビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年2月24日閲覧。
  11. ^ 【夢のコラボレーション】826askaさんと福井県立恐竜博物館”. GEN. 2020年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]