743年の日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

743年の日本では、743年日本の出来事・流行・世相などについてまとめる。

他の紀年法[編集]

国家機関[編集]

元正上皇
 
 
聖武天皇
 
 
皇太子
阿倍内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知太政官事
鈴鹿王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左大臣
橘諸兄(6/1-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
右大臣
橘諸兄(-6/1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大納言
欠員
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中納言
巨勢奈弖麻呂(6/1-)
藤原豊成(6/1-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参議
巨勢奈弖麻呂(-6/1)
藤原豊成(-6/1)
大伴牛養
藤原仲麻呂(6/1-)
紀麻路(6/1-)

政治社会[編集]

自然天文[編集]

  • 4-5月 - 畿内にて干天となった[5]
  • 7月19日 - 宇治川の川底が干上がった[6]
  • 7月26日 - 日食があった[7]
  • 7月30日 - 出雲国にて土砂崩れがあった[8]
  • 8月 - 上総国にて大風雨があった[9]

文化芸術[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『続日本紀』天平15年2月11日条
  2. ^ 『続日本紀』天平15年5月27日条
  3. ^ 『続日本紀』天平15年9月21日条
  4. ^ 『続日本紀』天平15年10月15日条
  5. ^ 『続日本紀』天平15年5月3日条
  6. ^ 『続日本紀』天平15年6月26日条
  7. ^ 『続日本紀』天平15年7月1日条
  8. ^ 『続日本紀』天平15年7月5日条
  9. ^ 『続日本紀』天平15年8月9日条

参考文献[編集]

関連項目[編集]