紀麻路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
紀麻路
時代 奈良時代
生誕 不詳
死没 天平宝字元年?[1]757年
別名 麻呂
官位 従三位中納言
主君 元正天皇聖武天皇孝謙天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀麻呂
兄弟 麻路、宿奈麻呂、男人宇美、奈賀岐娘
広名広庭小楫鯖麻呂
テンプレートを表示

紀 麻路(き の まろ)は、奈良時代公卿。名は麻呂とも記される。御史大夫紀大人の子[2]官位従三位中納言

概要[編集]

養老4年(720年従五位下叙爵し、翌養老5年(721年式部少輔に任ぜられる。

天平6年(734年)従五位上。天平10年(738年紀男人が没すると一族の氏上的立場となり、天平12年(740年)正月に正五位下に昇叙されると、同年10月の藤原広嗣の乱の最中に後騎兵大将軍に任官、さらに12月正五位上に続けて昇叙され、天平14年(742年)には従四位下聖武朝の後半より急速に昇進し、天平15年(743年参議に任ぜられ公卿に列した。議政官として民部卿南海道鎮撫使右衛士督を兼ねる一方、天平18年(746年)従四位上、天平20年(748年正四位上と引き続き順調に昇進した。なお、この間の天平17年(745年)には甲賀宮の留守役を務めている。

天平21年(749年)4月には、中臣益人忌部鳥麻呂らとともに、幣帛伊勢大神宮に奉納している。同年、天平勝宝元年と改元し、孝謙天皇の即位に伴い、従三位・中納言に叙任される。のち、式部卿大宰帥を歴任する。天平勝宝9年(757年)3月に孝謙天皇光明皇太后藤原豊成藤原仲麻呂らと画策して皇太子道祖王を廃した[3]。その後『続日本紀』に麻路の消息に関する記載がないことから、まもなく薨去したと考えられる。

懐風藻』に漢詩作品が採録されている。

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『公卿補任』
  2. ^ 公卿補任』による。しかし同書の中でも疑問が呈されている。『尊卑分脈』で紀麻呂の子に置かれる紀依麻呂と同人として、麻呂の子とする説もある(宝賀[1986: 461])
  3. ^ 『続日本紀』淳仁天皇即位前紀

参考文献[編集]