ベイルート港爆発事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年ベイルート爆発
Beirutnorth.jpg
1
1
爆発はこの画像に写る穀物倉庫の背後で発生。
爆発現場の位置。右下はベイルート地図。
場所 レバノンの旗 レバノンベイルート港湾地区の倉庫
座標 北緯33度54分3.6秒 東経35度31分8.4秒 / 北緯33.901000度 東経35.519000度 / 33.901000; 35.519000座標: 北緯33度54分3.6秒 東経35度31分8.4秒 / 北緯33.901000度 東経35.519000度 / 33.901000; 35.519000
日付

2020年8月4日
18時頃〜(一度目の爆発に伴う火災)
18時8分18秒(二度目の大規模爆発)

いずれも東ヨーロッパ夏時間UTC+03:00)(現地時間)
原因 保管されていた硝酸アンモニウムの杜撰な管理による引火
死亡者 207人
負傷者 6,500人以上
被害者 30万人以上
損害 首都ベイルートの半壊
多数の死傷者
テンプレートを表示

ベイルート港爆発事故: 2020 Beirut explosion)は、2020年8月4日18時頃(現地時間)に、レバノンの首都ベイルートにあるベイルート港で発生した爆発事故[1][2][3]。この爆発により207人が死亡、6,500人以上が負傷し、最大で30万人が家を破壊されて住む場所を失った[4][5]。レバノン総合治安局長は、今回の主な爆発は、政府によって没収され過去6年間港に保管されていた約2750トン硝酸アンモニウムと関連していると述べている[6]

爆発[編集]

現場では、巨大な爆発が起きる前に小さな爆発が発生し、この際、炎と煙が立ち上ぼり、花火のような閃光が目撃された[3]

現地時間(EEST)18時8分頃、2回目の爆発が発生した。これは、1回目よりも遥かに大きな爆発であった。爆発による衝撃は、ベイルートの中心部を揺さぶって、赤い塵の雲を空中に発生させた[7]。また、衝撃波によって凝結雲が形成された。この爆発による爆風は、イスラエル北部と240キロメートル (150 mi)離れたキプロスでも観測された[8][9]。また、マグニチュード3.3の地震と同等の地震波が観測された[10][11]

イギリスシェフィールド大学の専門家らは、爆発の威力は1945年8月6日日本広島市への原子爆弾投下で使用された原子爆弾L11の約10分の1と推定しており、「核爆弾によらない爆発としては間違いなく史上最大規模」としている[12][13]

原因[編集]

爆発の原因は、すぐには特定されなかった[14]。レバノンの国営メディアは、事故の発生当初、爆発が花火倉庫で起こったと報道したが、他の報道機関は石油貯蔵施設または化学薬品貯蔵施設で爆発が起こったと報道した[15][16]。その後、レバノン公安局長は、没収されて何年も倉庫で保管されていた硝酸アンモニウムによって爆発が引き起こされたと述べた[6]。この硝酸アンモニウムは、モルドバ国籍の貨物船MV Rhosusに積載されていたもので、同船は2014年エンジントラブルによりベイルート港で立ち往生した[17]。MV Rhosusはジョージアバトゥミからモザンビークベイラへ輸送する2,750tの硝酸アンモニウムを積載していた[18]。後に同船の運航が不法に行われていたと判明したため、乗員は本国へ強制送還されたが、積載されていた貨物は没収され、ベイルート港付近の陸地で保管されていた。しかし、この硝酸アンモニウムは6年もの間、適切な安全対策がなされることなく保管されていた。爆発は、硝酸アンモニウムが保管されていた倉庫の外壁における溶接作業中に発生した[19]

被害[編集]

左の穀物倉庫は破壊され、右側の爆発現場にはクレーターが生じている。
爆発の被害。

ベイルートのキプロス大使館の建物や大使公邸が、爆発によって被害を受けたと述べられた他[20]、カザフスタン外務省も大使館が被害にあったことを報告した[21]。レバノンの新聞社であるデイリースターの本社は深刻な被害を受け、屋根の一部が倒壊し、窓や家具が損傷した[22]。目撃者によると、 10キロメートル (6 mi)先の家も爆風によって被害を受けた[23]。ヘリコプターを使用して、水をかける消火活動が行われた[24]

爆発現場となった倉庫は跡形もなく消し飛び、地面は大きくえぐれ幅124m、深さ43mのクレーターが形成された[25][26]。同時に、現場付近にあった、市の第二位の穀物倉庫も爆発で破壊された[27][28][29]。これにより、レバノン政府によると、COVID-19パンデミック により食糧不足の中にも関わらず、市に備蓄されていた穀物の約85%が失われた[30]

ベイルート港に停泊していたクルーズ船のオリエント・クイーン英語版は、爆発により大きな損傷を受け転覆し、乗員2人が死亡した[31][32][33][34]

また、ベイルート港から約1kmほど離れた住宅街にあるカルロス・ゴーンの自宅も爆発により被害を受けたが、当時ゴーン夫妻は外出しており自宅にいた警備員や家事使用人にも怪我はなかった[35][36]

犠牲者[編集]

この爆発による犠牲者は207人、負傷者は6,500人余りである。

爆発後、数百人が負傷し、多くの負傷者が地面に横たわった[37][38]。目撃者は「病院は負傷者でいっぱいだった」と語った[24]。ベイルート知事のマーワン・アブーは、1度目の爆発によって発生した火災の消火に当たっていた消防士が行方不明であると述べた[29]

カタエブ政党の書記長であるナザール・ナジャリアン英語版は、重傷を負い当日中に死亡した[39]。 国営電力会社のカマル・ハイエク(Kamal Hayek)会長も事故のため一時重体となった[40]

救援活動[編集]

レバノン赤新月社[注釈 1]は、北レバノンベッカー南レバノンから利用可能なすべての救急車が患者を助けるためにベイルートに派遣されていると述べた[3]。ヘリコプターは爆発後の大火を消すために使用された[14]。近くの病院に運ばれた数十人の負傷者は、病院の損傷のために収容されることができなかった[16]。イスラエルは爆発の直後にレバノンに医薬品を提供した[注釈 2][41]

レバノン政府と各国の反応[編集]

レバノンの首相であるハッサン・ディアブは、爆発の翌日は全国的な追悼の日になると発表した[42]。レバノン大統領のミシェル・アウンは、政府は避難民を支援し、保健省は負傷者の治療費用を負担すると述べた[22]。ベイルート知事のマーワン・アブードはテレビで涙を流し、それを「全国的な大災害」と呼んだ[3]

複数の国の代表[注釈 3]は支援と哀悼の意を表し、一部は援助を申し出た。

イスラエルは、ヒズボラと同様に爆発への関与を否定した[51]

爆発事故後、政府の対応に批判が高まり、2019年10月より続いていた反政府デモが拡大、閣僚が次々に辞任を表明する事態となっていた中、8月10日、ディアブ首相が内閣総辞職を発表した[52]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ イスラム諸国では白地に赤色の三日月を識別マークとし「赤新月社」(せきしんげつしゃ)と呼んでいる。
  2. ^ イスラエルとレバノンの間に国交は無いのだが、外交と安全保障の両国間の窓口を通じてイスラエルから支援提供の申し出が行われた。
  3. ^ キプロス[43]、フランス[44]、ギリシャ[45]、イスラエル[46]、ロシア[47]、トルコ[48]、イギリス[49]、アメリカ[50]など

出典[編集]

  1. ^ Massive explosion shakes Lebanese capital, buildings near Beirut port reportedly damaged” (英語). Haaretz. 2020年8月4日閲覧。
  2. ^ Massive explosion shakes Lebanon's capital Beirut” (英語). San Francisco Chronicle (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c d Hubbard, Ben (2020年8月4日). “Explosions Rock East Beirut” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/08/04/world/middleeast/beirut-explosion-blast.html 2020年8月4日閲覧。 
  4. ^ Lebanon explosion: Deadly fuel tank blast rocks Beirut”. BBC NEWS. 2020年11月19日閲覧。
  5. ^ レバノン爆発、30万人が家失う 首都の半分で被害”. 朝日新聞. 2020年8月10日閲覧。
  6. ^ a b Explosion 'caused by highly explosive material stored in warehouse': Official”. Al Jazeera (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  7. ^ Massive explosion rocks central Beirut”. The Independent (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  8. ^ Beirut explosion updates: Massive blast rocks Lebanese capital”. BBC News. 2020年8月5日閲覧。
  9. ^ ‘Like an earthquake’: Huge explosion rips through Beirut captured on video”. Hindustan Times (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  10. ^ M 3.3 Explosion - 1 km ENE of Beirut, Lebanon”. アメリカ地質調査所. 2020年8月6日閲覧。
  11. ^ Beirut explosion generated seismic waves equivalent of a magnitude 3.3 earthquake”. CNN. 2020年8月6日閲覧。
  12. ^ ベイルート爆発、死者が増加 港湾当局者を自宅監禁”. BBCニュース (2020年8月4日). 2020年8月6日閲覧。
  13. ^ ベイルートの爆発事故は、核爆発を除いて人類が引き起こした史上最大級の爆発だった”. ニューズウィーク. 2021年4月15日閲覧。
  14. ^ a b Azhari (2020年8月4日). “Hundreds wounded as huge blast rips through Lebanon's Beirut”. Al Jazeera. 2020年8月4日閲覧。
  15. ^ Multiple explosions rock Downtown Beirut: Eyewitnesses” (英語). Al Arabiya English (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  16. ^ a b Huge explosion in Beirut shatters windows and rocks buildings” (英語). The Guardian (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  17. ^ Jørgensen, Lars Bach (2020年8月5日). “Ekspert forklarer, hvad der sandsynligvis skete i Beirut” (デンマーク語). TV 2. https://nyheder.tv2.dk/udland/2020-08-05-ekspert-forklarer-hvad-der-sandsynligvis-skete-i-beirut 2020年8月5日閲覧. "The large amount of potentially dangerous fertilizer has been there since 2014, when the Moldavian ship Rhosus had to port due to engine problems." 
  18. ^ Crew kept hostages on a floating bomb — m/v Rhosus, Beirut”. fleetmon (2014年7月23日). 2020年8月5日閲覧。; Rhosus”. Fleetmon [vessel tracker database]. 2020年8月5日閲覧。; Dagher, Charbel; Maksoud, Christine (October 2015). “m/v Rhosus — Arrest and Personal Freedom of the Crew”. The Arrest News (11). https://shiparrested.com/wp-content/uploads/2016/02/The-Arrest-News-11th-issue.pdf#page=3 2020年8月5日閲覧。. 
  19. ^ Nakhoul, Samia; Francis, Ellen (2020年8月5日). “Toll expected to rise in blast that shook Beirut, killing 78 and injuring thousands”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-lebanon-security-blast/toll-expected-to-rise-in-blast-that-shook-beirut-killing-78-and-injuring-thousands-idUSKCN25107B 2020年8月5日閲覧。 
  20. ^ President sends condolences after Beirut blast, embassy damaged”. Cyprus Mail (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  21. ^ Ahmadova, Ilaha. “Qazaxıstanın Beyrutdakı konsulu partlayış zamanı xəsarət alıb” (アゼルバイジャン語). Azerbaijan State News Agency. https://azertag.az/xeber/Qazaxistanin_Beyrutdaki_konsulu_partlayis_zamani_xesaret_alib-1553173 
  22. ^ a b Cheeseman (2020年8月4日). “Massive explosion rocks Beirut, causing injuries and widespread damage”. NBC News. 2020年8月4日閲覧。
  23. ^ Qiblawi, Tamara (2020年8月4日). “Beirut explosion shatters windows across Lebanese capital”. CNN. https://www.cnn.com/2020/08/04/middleeast/beirut-explosion-port-intl/index.html 2020年8月4日閲覧。 
  24. ^ a b Gadzo. “Dozens killed, thousands wounded in Beirut blast: Live updates”. www.aljazeera.com. 2020年8月4日閲覧。
  25. ^ レバノン爆発、死者135人に 124mのクレーターできる” (日本語). CNN.co.jp. 2020年8月7日閲覧。
  26. ^ レバノン首都の大爆発、クレーターの深さは43メートルと判明” (日本語). AFPBB. 2020年8月9日閲覧。
  27. ^ These offices were 1.5km from the blast, and had a grain elevator as a buffer in between, and it still did this. Beirut off of the The Daily Star in the Merkaziah Plaza Bayrut, Beirut Governorate - Lebanon news on live map - lebanon.liveuamap.com” (英語). Lebanon news on live map - lebanon.liveuamap.com. 2020年8月4日閲覧。
  28. ^ Food insecurity hits middle class amid Lebanon’s economic crisis” (英語). France 24 (2020年7月1日). 2020年8月4日閲覧。
  29. ^ a b Sullivan (now), Helen; Holmes (earlier), Oliver; Safi, Michael (2020年8月4日). “Beirut explosion: more than 50 dead and 2,750 wounded, says Lebanon health ministry – live updates” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/live/2020/aug/04/beirut-explosion-huge-blast-port-lebanon-capital 2020年8月4日閲覧。 
  30. ^ Musto, Julia (2020年8月5日). “Deadly Beirut blast wiped out 85% of grain silos” (英語). Fox News. 2020年8月6日閲覧。
  31. ^ “'I can't believe I'm alive': Survivors recount Beirut explosion”. Al Jazeera. https://www.aljazeera.com/news/2020/08/alive-survivors-recount-beirut-explosion-200804175426591.html 2020年8月5日閲覧。 
  32. ^ Orient Queen Cruise Ship Damaged in Blast In Beirut”. Cruise Law News (2020年8月5日). 2020年8月5日閲覧。
  33. ^ @cedar_news (5 August 2020). "غرق الباخرة السياحية" (ツイート) (アラビア語). Twitterより2020年8月9日閲覧with video
  34. ^ “Orient Queen Sinks in Beirut, Two Crew Reported Dead”. Cruise Industry News. (2020年8月5日). https://www.cruiseindustrynews.com/cruise-news/23337-orient-queen-sinks-in-beirut-two-crew-reported-dead.html 2020年8月5日閲覧。 
  35. ^ “ベイルート大爆発でゴーン被告宅も被害 ブラジル紙”. 時事通信. https://www.jiji.com/sp/article?k=2020080500305&g=int 2020年8月4日閲覧。 
  36. ^ La maison de Carlos Ghosn détruite après les explosions à Beyrouth ? Son entourage dément”. フランス通信社. 2021年1月26日閲覧。
  37. ^ “Two massive explosions rock Beirut, wounding dozens”. CBS News (CBS). (2020年8月4日). https://www.cbsnews.com/news/beirut-lebanon-explosions-today-2020-08-04/ 2020年8月4日閲覧。 
  38. ^ “Huge explosions rock Lebanon capital Beirut with widespread damage, injuries”. abc7.com (abc7.com). (2020年8月4日). https://abc7.com/beirut-explosion-in-today-bomb/6353080/ 2020年8月4日閲覧。 
  39. ^ Live updates: Lebanese capital rocked by huge explosion”. CNN (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  40. ^ Hubbard, Ben (2020年8月4日). “At Least 30 Killed as Powerful Explosion Rocks Beirut: Live Updates” (英語). ニューヨーク・タイムズ. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/08/04/world/middleeast/beirut-explosion-blast.html 2020年8月4日閲覧。 
  41. ^ Maayan Lubell (2020年8月4日). “Israel offers aid to Lebanon after blast, Israeli ministers say”. Reuters. 2020年8月7日閲覧。
  42. ^ Lebanon's Prime Minister Hassan Diab declares national day of mourning Wednesday, after Beirut blast”. The Daily Star (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  43. ^ Expressing our overwhelming and heartfelt sympathy”. Twitter. 2020年8月4日閲覧。
  44. ^ Jean-Yves Le Drian on Twitter” (フランス語). Twitter (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  45. ^ Foreign Ministry announcement on the explosions in Beirut”. Greek Ministry of Foreign Affairs. 2020年8月4日閲覧。
  46. ^ Israel not behind Beirut blast, sources on both sides say; at least 10 killed”. The Times of Israel. 2020年8月4日閲覧。
  47. ^ Путин выразил соболезнования президенту Ливана в связи со взрывом” (ロシア語). vesti.ru. 2020年8月5日閲覧。
  48. ^ İbrahim Kalın’dan Beyrut’taki patlamaya ilişkin açıklama!” (トルコ語). www.sozcu.com.tr. 2020年8月4日閲覧。
  49. ^ Dominic Raab [@DominicRaab] (4 August 2020). "My thoughts and prayers are with those affected by the devastating explosion in #Beirut today. The UK 🇬🇧 stands in solidarity with the people of Lebanon 🇱🇧 and is ready to offer help and support including to those British nationals impacted" (ツイート) (英語). Twitterより2020年8月4日閲覧
  50. ^ U.S. Embassy Beirut [@usembassybeirut] (4 August 2020). "U.S. Ambassador Dorothy Shea: Having witnessed the horrific explosions at the Port this evening, our heartfelt sympathies go out to the victims and their families. We mourn each loss from this terrible tragedy alongside the Lebanese people" (ツイート) (英語). Twitterより2020年8月4日閲覧
  51. ^ Lübnan'ın başkenti Beyrut'ta patlama” (トルコ語). Anadolu Agency (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  52. ^ レバノン内閣総辞職 反政府デモ拡大で情勢混迷”. 時事通信. 2020年8月13日閲覧。

関連項目[編集]

硝酸アンモニウム爆発[編集]

外部リンク[編集]