薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
化学薬品から転送)
移動先: 案内検索

薬品(やくひん)とは、精製あるいは配合されて何らかの用途に利用可能な状態とした化学物質のうち、少量で使用するものをいう。

特に人間や動物における疾患の治療・診断・予防及び苦痛の軽減に有効な特定の作用を及ぼすことを目的に剤形が整えられたものを特に薬剤(やくざい)という。

特別な用途を持った薬品[編集]

化学物質[編集]

化学物質とは、化学的な性質という視点からみたときの物質である。地球上のほぼすべての物質はその点で化学物質と呼びうるが、何かしらの化学的・生物学的な働きを持ったもののことをこう呼ぶことが多い。

化学物質は原子で構成され、その構成のされ方によって単体化合物に分類される。ただ一種類の原子だけで構成された化学物質が単体、複数の種類の原子から成るなら化合物である。

関連項目[編集]