ミシェル・アウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミシェル・アウン
ميشال عون
General Michel Aoun.jpg
レバノンの大統領
就任
2016年10月31日
首相 タンマーム・サラーム
サード・ハリーリー
前任者 ミシェル・スライマーン
タンマーム・サラーム(代行)
任期
1988年9月22日 – 1990年10月13日*
(代行)
前任者 アミーン・ジェマイエル
後任者 エリアス・フラウィー
第28代 レバノン共和国首相
任期
1988年9月22日 – 1990年10月13日**
前任者 セリム・ホス
後任者 セリム・ホス
ケセルワン選出国会議員
任期
2009年6月7日 – 2016年10月31日
個人情報
生誕 (1935-02-18) 1935年2月18日(84歳)
大レバノン、アレト・レイク
政党 自由愛国運動
協力政党 3月8日連合
配偶者 ナディア・エル=カーミー
子供 3人
兵役経験
所属組織 レバノンの旗 レバノン
部門 レバノン陸軍
軍歴 1958年 – 1991年
最終階級 大将
戦闘 レバノン内戦シリア占領下からの解放闘争
*アウンの大統領在任中、セリム・ホスやルネ・モアワド、エリアス・フラウィーも大統領を名乗っていた。
**アウンの首相在任中、セリム・ホスも首相を名乗っていた。

ミシェル・ナイーム・アウンアラビア語: ميشال نعيم عون‎‎、Michel Naim Aoun、アラビア語発音: [miːʃeːl ʕo.uːn]1935年2月18日 - )[1][2]は、レバノンの政治家。現大統領。自由愛国運動 (FPM) の設立者で、マロン派キリスト教徒。

もとはレバノン陸軍の軍人で、1984年に制服組トップの総司令官に就任した。レバノン内戦下の1988年、退任するアミーン・ジェマイエル大統領から首相に指名され、1990年まで在任した。首相は伝統的にスンナ派の人物が就任するポストであったことから、この人事は一部で反発を呼んだ。そのため、スンナ派のセリム・ホスも首相を名乗り、レバノンに2人の首相が居並ぶ事態となった。

1989年3月14日、アウンはレバノンの広範囲を占領下に置いていたシリア軍から、祖国を取り戻す「解放戦争」を布告した。しかし、1990年10月13日、シリア軍にバーブダの大統領官邸を含む自らの拠点を攻撃され、軍民あわせて数百人の死者を出した。アウンはベイルートのフランス大使館に亡命を申請し、2005年までの15年間をフランスで過ごした。

シリア軍のレバノン撤退からわずか11日後の2005年5月7日、レバノンに帰国を果たした。2006年には自由愛国運動代表としてヒズボッラーとの了解覚書に署名し、ヒズボッラーと同盟関係を結んだ。2009年には、かつて戦火を交えたシリアを訪問した[3][4]

帰国後は国会議員となり、自由愛国運動などから構成される会派「改革と変革ブロック」の代表を務めた。2016年10月31日、サミール・ジャアジャアやスレイマン・フランジェ、アンリ・エルーといった他の候補者をおさえて、国会で大統領に選出された。

脚注[編集]

  1. ^ https://www.elnashra.com/news/show/1044594/العماد-ميشال-عون؟?amp=1
  2. ^ Archived copy”. 2016年11月1日閲覧。
  3. ^ “Profile: Michel Aoun”. BBC News. (2005年6月13日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4086828.stm 2008年5月18日閲覧。 
  4. ^ Gambill, Gary C. (2003年5月13日). “The Syrian Occupation of Lebanon”. The Middle East Forum. 2008年5月18日閲覧。

関連項目[編集]

軍職
先代:
イブラヒム・タンヌース
レバノン軍総司令官
1984年 – 1990年
次代:
エミール・ラフード
公職
先代:
アミーン・ジェマイエル
レバノンの大統領
(代行・国内分裂状態)

1988年 – 1990年
次代:
ルネ・モアワド
先代:
セリム・ホス
レバノンの首相
(国内分裂状態)

1988年 – 1990年
次代:
セリム・ホス
先代:
タンマーム・サラーム
(代行)
レバノンの大統領
2016年 –
現職
党職
新設官職 自由愛国運動代表
2003年 – 2015年
次代:
ジュブラン・バシール