サード・ハリーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サアドッディーン・ラフィーク・アル=ハリーリー
سعد الدين رفيق الحريري
Hariri in April 2009.jpg
生年月日 (1970-04-18) 1970年4月18日(48歳)
出生地 サウジアラビアの旗 サウジアラビア リヤド
出身校 マクドノウビジネス・スクール
所属政党 未来運動3月14日の同盟
親族 ラフィーク・ハリーリー
バヒーヤ・ハリーリー叔母

在任期間 2009年11月9日 - 2011年6月13日
大統領 ミシェル・スライマーン

在任期間 2016年12月18日 -
大統領 ミシェル・アウン
テンプレートを表示

サアドッディーン・ラフィーク・アル=ハリーリーアラビア語: سعد الدين رفيق الحريري‎、: Saad ed Deen Rafiq al-Hariri1970年4月18日 - )は、レバノン政治家。同国首相を2回務めた。

連立与党「3月14日同盟英語版」の筆頭「未来運動」の党首。日本のメディアでは「サード・ハリリ」と表記する場合がある。日本国外務省は「サアド・ハリーリ[1]」と、一部の中東専門家は「サアド・ハリーリー[2]」と表記している。ラフィーク・ハリーリー元首相は実の父親。

略歴[編集]

1970年に、サウジアラビアリヤド実業家ラフィーク・ハリーリーとイラク人の妻ニダール・アル=バスターニーとの間で次男として出生。同地で育ち、サウジアラビア国籍も有している[3]2005年、未来運動を率いていた父親の暗殺に伴って党首を引き継いだ。2009年の総選挙で勝利すると11月9日に首相となり、12月10日に内閣が正式に発足した。しかし、2011年1月に親シリアヒズボラ系を始めとする11名の閣僚が辞任したことが引き金となり、政権が崩れた[1]。この出来事から6か月後、ヒズボラ系のナジーブ・ミーカーティーが後任の首相として内閣を組織した[1]

2014年5月25日ミシェル・スライマーンが任期満了で大統領を退任したが後継が決まらず、新大統領の選出をめぐりシーア派3月8日同盟英語版スンニ派3月14日同盟英語版が別々の候補を出して対立した[4]。そのため、2016年10月20日に3月14日同盟の代表格だったハリーリーが次期首相への就任と引き換えに、3月8日同盟が擁立した候補のミシェル・アウン英語版の支持に転じるまで、大統領の空白期間が2年5ヶ月もの間続くこととなった[4]。この協力への見返りとしてアウンより組閣を要請されたが、スンニ派内では変節への反発が強く、各派との調整に手間取ったため、12月になってようやく首相に再登板した[5][4]。内閣にはスンニ派やヒズボラも含むシーア派だけでなく、キリスト教マロン派などが参加しており、国内の安定が優先されていた[5]

2017年11月4日に衛星放送アル=アラビーヤを通じて、「私の命を狙う陰謀を感じる」と述べ、訪問先のサウジアラビアにおいて突如辞意を表明した[6][7]。この中で、自身の父親が暗殺される前と似た状況にあり[6]イランやヒズボラが対立を激化させているとして非難した[8]。演説の内容は、閣内のヒズボラとの対立を浮き彫りにしたと見られている[9]。これに関して、サウジアラビアのテレビ局は、数日前にベイルートでの暗殺計画が阻止されたと報道した[8]。一方で、イラン外務省は「レバノンと域内での緊張拡大」を狙ったものだという認識を示した[8]11月12日、レバノンのテレビ局のインタビューを受け、辞任の理由に関して「レバノンに迫っている脅威を国民に気づかせるために前向きなショックを与えようと思った」と語った[10]。また、同日にサウジアラビアのテレビ局のインタビューにも応じ、数日中に帰国して正式な辞任手続きに着手する考えを示した[11]。しかし、レバノン大統領のアウンは、「ハリリ首相が12日間も帰国できずにいる正当な根拠は何もない。従ってわれわれは、首相がウィーン条約に反して拘束されているものとみなす」とレバノン大統領府の公式Twitterに投稿し、サウジアラビアを批判した[3]。またレバノン政府当局も、ハリーリーが帰国するまでは辞任を受理しない姿勢を明らかにした[12]

ハリーリーは21日にレバノンに帰国し、翌22日のアウン大統領との会談において一連の行動の背景についての更なる協議を重ねるために辞意を保留するよう要請され、受諾した[12]。12月5日には辞意を撤回し、続投することとなった[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c レバノン情勢について”. 外務省 (2011年7月11日). 2017年12月14日閲覧。
  2. ^ シリアでも混乱を助長するだけだったサウジアラビアの中東政策”. ニューズウィーク (2017年11月28日). 2017年12月14日閲覧。
  3. ^ a b “レバノン大統領、「ハリリ首相を拘束している」とサウジを非難”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年11月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/3150709 2017年11月20日閲覧。 
  4. ^ a b c “大統領にアウン氏選出、2年5カ月ぶり空席解消”. 毎日新聞. (2016年11月1日). http://mainichi.jp/articles/20161101/k00/00m/030/103000c 2017年11月4日閲覧。 
  5. ^ a b “レバノン、ハリリ新内閣が発足”. 日本経済新聞. (2016年12月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H1G_Z11C16A2000000/ 2017年11月20日閲覧。 
  6. ^ a b “レバノン首相が辞意表明「暗殺の陰謀感じて」”. TBS NEWS (TBSテレビ). (2017年11月5日). オリジナル2017年11月5日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/DWqi0 2017年11月16日閲覧。 
  7. ^ “Lebanese Prime Minister Saad Hariri resigns”. CNN International (CNN). (2017年11月4日). http://edition.cnn.com/2017/11/04/middleeast/lebanese-prime-minister-saad-hariri-resigns/ 2017年11月20日閲覧。 
  8. ^ a b c “レバノンのハリリ首相が辞任表明、イランとヒズボラを非難”. goo ニュース. ロイター. (2017年11月6日). オリジナル2017年11月16日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ebtkx 2017年11月16日閲覧。 
  9. ^ “レバノン首相、突然の辞任「命狙う陰謀を感じる」”. 朝日新聞. (2017年11月5日). http://www.asahi.com/articles/ASKC500FWKC4UHBI01F.html 2017年11月20日閲覧。 
  10. ^ “レバノン首相、サウジ軟禁のうわさ否定 TVに登場”. 朝日新聞. (2017年11月13日). http://www.asahi.com/articles/ASKCF33CBKCFUHBI00D.html 2017年11月20日閲覧。 
  11. ^ “レバノン首相が数日中の帰国表明、辞任撤回の可能性も示唆”. ロイター. ロイター. (2017年11月12日). https://jp.reuters.com/article/lebanon-politics-idJPKBN1DC14C 2017年11月20日閲覧。 
  12. ^ a b “帰国のレバノン首相、辞任を保留 大統領の要請受け”. CNN.co.jp (CNN). (2017年11月23日). https://www.cnn.co.jp/world/35110882.html 2017年11月27日閲覧。 
  13. ^ “レバノン首相「辞意」撤回=11月にサウジで表明”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2017年12月5日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120501242&g=int 2017年12月5日閲覧。 
党職
先代:
ラフィーク・ハリーリー
Flag of the Future Movement.svg 未来運動党首
2005 – 現在
現職
公職
先代:
フアード・シニオラ
レバノンの旗 レバノン共和国首相
第64代:2009 – 2011
次代:
ナジーブ・ミーカーティー
先代:
タンマーム・サラーム
レバノンの旗 レバノン共和国首相
第67代:2016 –
現職