タンマーム・サラーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タンマーム・サラーム
تمّام سلام
Tammam Salam 2014-09-26.jpg
タンマーム・サラーム(2014年9月)
生年月日 (1945-05-13) 1945年5月13日(74歳)
出生地 レバノンの旗 レバノンベイルート
出身校 ハイガジアン大学
所属政党 無所属
配偶者 ラーマ・バドレッディーン(後妻)
子女 3人

在任期間 2014年2月15日 - 2016年12月18日
元首 ミシェル・スライマーン
自身 (代行)
ミシェル・アウン

在任期間 2014年5月25日 - 2016年10月31日

レバノンの旗 レバノン文化相
在任期間 2008年7月11日 - 2009年11月9日
首相 フアード・シニオラ
テンプレートを表示

タンマーム・サイーブ・サラームアラビア語: تمّام صائب سلام‎、1945年5月13日 - )は、レバノンの政治家。2014年2月から2016年12月までレバノン共和国首相を務めた。また、2014年5月から2016年10月まで同国暫定大統領を務めた。

無所属のスンニ派政治家の一人[1]3月14日同盟英語版に近いが、3月8日同盟英語版とも依然良好な関係にある[2]

生い立ち[編集]

ベイルートのスンニ派の名家の長男として生まれる[3][4]。父のサイーブ・サラーム英語版は独立後にレバノンの首相を何度か務めた政治家[5][6][7]で、母のタミマ・マルダム・ベイクはダマスカス出身のシリア人[8][9][10]。祖父のサリーム・アリ・サラーム英語版も政治家で、オスマン帝国大レバノン時代にオスマン帝国議会のベイルート代表やベイルート市長を歴任した[11][12]。タンマームには姉と弟がそれぞれ2人いる[13]

ベイルートのブルンマナ高校とハイガジアン大学を卒業[14][15]イギリスで取得した経済学とマネジメント論の学位を有する[16]

青年期の経歴[編集]

大学卒業後、タンマームは実業家を経て1970年代初頭に政界入りした[14]。1973年には、混乱の最中にあるレバノンで中道路線を取る「改革運動の先駆者たち」を結成した[17][18]。この組織は父サイーブの私兵団とも見なされたが[19]レバノン内戦の初期に戦闘行為に加わることを防ぐためにタンマームによって解散された[14]

1978年、タンマームはベイルートのNPO「マカシード財団」の理事となり[14]、1982年にはサラーム家が代々受け継いできた[20][21]その総裁職に就任した[22]。タンマームは2000年9月に総裁を退任し[23]、現在は名誉総裁となっている[8]。後に、サイーブ・サラーム文化・高等教育財団の総裁にも就任した[24]

政治における経歴[編集]

サラームは1992年の総選挙に立候補したが、シリアのレバノンにおける強い影響力に反対する抗議運動が発生したため取り下げた[12][25]。このボイコットによって、サラームはレバノンのキリスト教徒を支援し、国内の宗派間のバランスを保つことを狙った[26]。1996年の総選挙では、ベイルートから無所属の国会議員として初当選を果たした[27][28]。しかし、2000年の総選挙では落選した[29][30]。2005年の総選挙には立候補しなかった[31][32]

2008年7月11日、サラームはフアード・シニオラ首相から文化相に任命された[27][33]。2009年の総選挙で国会議員にも再び当選した[34]。サラームはサード・ハリーリーと選挙同盟を結び、ベイルート第3選挙区のハリーリーの候補者リストに名を連ねた[35][36]。国会では無所属の議員となった[37][38]。レバノン第1ブロックの一員であった[39][40]が、どの政党にも所属しておらず、中道派となった[41]

首相職[編集]

2013年3月23日にナジーブ・ミーカーティー首相が辞任すると、サラームは暫定首相に指名された[42]。3月14日同盟はサラームを正式に首相に推薦した[43]。4月6日には国会が128票中124票の賛成多数で、サラームに組閣を命じた[44][45][46]。2014年2月15日、サラームは24人の閣僚からなる新政権の発足を発表した[47][48][49][50]

2015年2月14日のラフィーク・ハリーリー元首相暗殺後、サラームは国内の暗殺事件の責任をシリアに求める大規模な抗議運動に関連して、「レバノンにおいて、感情につき動かされた遊びは非常に危険なゲームだ。ハリーリー自身、けっして認めなかったゲームだ」と述べた[51]

大統領代行[編集]

2014年5月24日にミシェル・スライマーンが大統領を任期満了で退任したが、議会で後継の大統領が決まらず、2016年10月31日に3月8日同盟英語版3月14日同盟英語版との間で合意が成立するまでの2年5ヶ月もの間、大統領代行を務めた。首相職は同年12月18日に退いた。

家族[編集]

ラーマ・バドレッディーンと結婚している。前妻との間に3人の子供がいる[8][16]

脚注[編集]

  1. ^ Moubayed, Sami (2006年8月3日). “Nasrallah and the three Lebanons”. Asia Times Online. http://www.atimes.com/atimes/Middle_East/HH03Ak01.html 2013年3月27日閲覧。 
  2. ^ “Hezbollah bloc to back Salam for Lebanon premier”. Reuters. (2013年4月5日). http://in.reuters.com/article/2013/04/05/lebanon-government-hezbollah-salam-idINDEE93408U20130405 2013年4月5日閲覧。 
  3. ^ “Lebanon Biographies of Potential Prime Ministers Following PM Karami's Cabinet Resignation”. Wikileaks. (2003年3月3日). http://www.cablegatesearch.net/cable.php?id=05BEIRUT654 2013年3月27日閲覧。 
  4. ^ R. Hrair Dekmejian (1975). Patterns of Political Leade: Egypt, Israel, Lebanon. SUNY Press. pp. 5. ISBN 978-0-87395-291-0. http://books.google.com/books?id=MCVgiW9KDh8C&pg=PR5 2013年3月27日閲覧。. 
  5. ^ Moubayed, Sami (n.d.). “From Father to Son in Beiruti Politics”. Mid East Views. オリジナルの2013年4月11日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130411090945/http://www.mideastviews.com/print.php?art=430 2013年3月27日閲覧。. 
  6. ^ Ranwa Yehia (27 January – 2 February 2000). “Salam bid farewell”. Al Ahram Weekly 466. http://weekly.ahram.org.eg/2000/466/re3.htm 2013年3月27日閲覧。. 
  7. ^ Hussein Dakroub (2013年4月5日). “Salam emerges as Lebanon’s next PM”. The Daily Star (Beirut). http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2013/Apr-05/212660-salam-emerges-as-lebanons-next-pm.ashx#axzz2PVqkb3k2 2013年4月5日閲覧。 
  8. ^ a b c “Lebanon names Salam as prime minister”. The Guardian. AP. (2013年4月6日). http://www.guardian.co.uk/world/2013/apr/06/lebanon-tammam-salam-prime-minister 2013年4月6日閲覧。 
  9. ^ Bassem Mroue (2013年4月5日). “Lebanon Names UK-Educated Lawmaker Prime Minister”. ABC News. AP. http://abcnews.go.com/International/wireStory/lebanese-politician-poised-premier-18891148#.UWChrJNSjm4 2013年4月6日閲覧。 
  10. ^ “Lebanon's Salam - consensus PM for tough times”. France24. AFP. (2013年4月6日). http://www.france24.com/en/20130406-lebanons-salam-consensus-pm-tough-times 2013年4月6日閲覧。 
  11. ^ “Lebanon's March 14 camp endorses PM candidate”. Al Jazeera. (2013年4月5日). http://www.aljazeera.com/news/middleeast/2013/04/20134511453853799.html 2013年4月5日閲覧。 
  12. ^ a b “How Tammam Salam Became a Consensual Candidate”. Moulahazat. (2013年4月5日). http://moulahazat.com/2013/04/05/how-tammam-salam-became-a-consensual-candidate/ 2013年4月5日閲覧。 
  13. ^ Joseph A. Kechichian (2008年5月9日). “One Lebanon was his vision”. Gulf News. http://gulfnews.com/about-gulf-news/al-nisr-portfolio/weekend-review/articles/one-lebanon-was-his-vision-1.40436 2013年4月7日閲覧。 
  14. ^ a b c d Wassim Mroueh (2013年4月5日). “Salam: Form, role of government more important than its head”. The Daily Star. http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2013/Apr-05/212652-salam-form-role-of-government-more-important-than-its-head.ashx#axzz2PVqkb3k2 2013年4月5日閲覧。 
  15. ^ “Haigazian University honors Minister of Culture”. AZG Armenian Daily. (2008年10月21日). オリジナルの2014年10月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141007234718/http://www.ifacca.org/international_news/2008/10/21/haigazian-university-honors-minister-culture/ 2013年4月7日閲覧。 
  16. ^ a b “Consensus builds on new Lebanon PM Tamam Salam”. Ahram Online. AFP. (2013年4月5日). http://english.ahram.org.eg/NewsContent/2/8/68536/World/Region/Consensus-builds-on-new-Lebanon-PM-Tamam-Salam.aspx 2013年4月5日閲覧。 
  17. ^ Frank Tachau (1994). Political Parties of the Middle East and North Africa. Westport, CT: Greenwood Press. p. 342. http://www.questia.com/read/25970729/political-parties-of-the-middle-east-and-north-africa 2013年8月31日閲覧。.  (Paid subscription required要購読契約)
  18. ^ “1974 حركة رواد الاصلاح”. http://tammamsalam.net/1974-%D8%AD%D8%B1%D9%83%D8%A9-%D8%B1%D9%88%D8%A7%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D8%A7%D8%B5%D9%84%D8%A7%D8%AD/ 2014年6月29日閲覧。 
  19. ^ Samir Khalaf (1987). Lebanon's Predicament. New York: Columbia University Press. p. 91. http://www.questia.com/read/34342509/lebanon-s-predicament 2013年8月31日閲覧。.  (Paid subscription required要購読契約)
  20. ^ “Families, not parties, dominate Lebanese politics”. The Courier. AP (Beirut). (1983年2月11日). http://news.google.com/newspapers?id=sJBhAAAAIBAJ&sjid=-08DAAAAIBAJ&pg=6630,6674860&dq=tammam+salam&hl=en 2013年3月27日閲覧。 
  21. ^ Mourtada, Hania (2013年4月7日). “Tamam Salam Asked to Form a Government in Lebanon”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2013/04/07/world/middleeast/tamam-salam-asked-to-form-a-government-in-lebanon.html 
  22. ^ “Profiles: Lebanon's new government”. Lebanon Wire. (2008年7月12日). オリジナルの2013年5月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130511134105/http://www.lebanonwire.com/0807MLN/08071201LW.asp 2013年4月4日閲覧。 
  23. ^ “Salam heaps praise on Makassed”. The Daily Star. (2000年9月12日). http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/Sep/12/Tyre-MP-Beydoun-lays-his-father-to-rest.ashx#axzz2QbqCehiy 2013年4月16日閲覧。 
  24. ^ Speakers”. Arab Women Forum (15–16 October 2009). 2013年4月5日閲覧。
  25. ^ “Many Lebanese back polls boycott”. New Straits Times. (1992年8月30日). http://news.google.com/newspapers?id=BrFUAAAAIBAJ&sjid=YJADAAAAIBAJ&pg=3209,4924578&dq=tammam+salam&hl=en 2013年3月27日閲覧。 
  26. ^ “Lebanon’s Salam - consensus premier for tough times”. Al Arabiya. (2013年4月6日). http://english.alarabiya.net/en/perspective/profiles/2013/04/07/Lebanon-s-Salam-consensus-premier-for-tough-times.html 2013年4月6日閲覧。 
  27. ^ a b “Meet the government”. Now Lebanon. (2008年7月11日). https://now.mmedia.me/lb/en/nowspecials/meet_the_government 2013年3月27日閲覧。 
  28. ^ “Saeb Salam, 95, Former Lebanese Prime Minister”. The New York Times. (2000年1月23日). http://www.nytimes.com/2000/01/23/world/saeb-salam-95-former-lebanese-prime-minister.html 2013年4月5日閲覧。 
  29. ^ “Murr Releases Official Results of Lebanon’s Second Round of Elections”. Albawaba. (2000年9月5日). http://www.albawaba.com/news/murr-releases-official-results-lebanon%E2%80%99s-second-round-elections 2013年3月27日閲覧。 
  30. ^ Yehia, Ranwa (7–13 September 2000). “A 'Future' premier”. Al Ahram Weekly 498. オリジナルの2012年1月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120129011930/http://weekly.ahram.org.eg/2000/498/re1.htm 2013年3月27日閲覧。. 
  31. ^ Moubayed, Sami (2005年7月8日). “The new face of Lebanon”. Asia Times Online. http://www.atimes.com/atimes/Middle_East/GG08Ak02.html 2013年3月27日閲覧。 
  32. ^ “Saad Hariri plegeges to contest elections within opposition ranks”. Lebanon Wire. (2005年5月10日). http://www.lebanonwire.com/0505/05051001LW.asp 2013年4月7日閲覧。 
  33. ^ “Backgrounder: Lebanon's new cabinet line-up”. Xinhua (Beirut). (2008年7月11日). http://news.xinhuanet.com/english/2008-07/12/content_8532078.htm 2013年4月7日閲覧。 
  34. ^ “Saudi envoy calls for cabinet formed 'inside Lebanon'”. The Daily Star. (2009年7月14日). http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/Jul/14/Saudi-envoy-calls-for-cabinet-formed-inside-Lebanon.ashx#axzz2OjxMTCk2 2013年3月27日閲覧。 
  35. ^ Sfeir, Therese (2009年5月8日). “Hariri vows Future Movement 'will follow path of peace'”. The Daily Star. http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/May/08/Hariri-vows-Future-Movement-will-follow-path-of-peace.ashx#axzz2OjxMTCk2 2013年3月27日閲覧。 
  36. ^ Moubayed, Sami (2009年6月9日). “Hezbollah handed a stinging defeat”. Asia Times Online. http://www.atimes.com/atimes/Middle_East/KF09Ak03.html 2013年3月27日閲覧。 
  37. ^ “Salam says Sunnite sect would not fight with other sects”. NNA. (2013年3月21日). http://www.nna-leb.gov.lb/en/show-news/6854/Salam-says-Sunnite-sect-would-not-fight-with-other-sects 2013年3月27日閲覧。 
  38. ^ “How MPs will vote”. Now Lebanon. https://now.mmedia.me/lb/en/reportsfeatures/how-mps-will-vote 2013年3月27日閲覧。 
  39. ^ Hajj, Elie (2013年4月4日). “Tammam Salam Likely March 14 Candidate for Lebanese Premier”. Al Monitor. http://www.al-monitor.com/pulse/originals/2013/04/tammam-salam-lebanon-prime-minister.html?utm_source=&utm_medium=email&utm_campaign=6822 2013年4月5日閲覧。 
  40. ^ “Salam supports a technocratic cabinet”. Now Lebanon. (2011年1月28日). https://now.mmedia.me/lb/en/nownews/salam_supports_a_technocratic_cabinet_1 2013年4月7日閲覧。 
  41. ^ Salem, Paul (10 April 2013). “Lebanon Averts Crisis but New Prime Minister Faces Major Challenges”. Carnegie Middle East. http://carnegie-mec.org/2013/04/10/quick-agreement-on-lebanese-prime-minister-averts-crisis-but-major-challenges-remain/fyw2 2013年4月21日閲覧。. 
  42. ^ “Tammam Salam Meets Hariri, Prince Bandar”. Naharnet. (2013年4月4日). http://www.naharnet.com/stories/en/78260-tammam-salam-meets-hariri-prince-bandar-amid-reports-hizbullah-amal-back-his-candidacy-as-pm 2013年4月4日閲覧。 
  43. ^ “Hariri led group nominates Salam as PM”. Turkish Weekly Journal (Beirut). (2013年4月5日). http://www.turkishweekly.net/news/148723/hariri-led-group-nominates-salam-as-pm.html 2013年4月5日閲覧。 
  44. ^ Pletts, Adam (2013年4月6日). “Tammam Salam named new Lebanese prime minister”. France 24. http://www.france24.com/en/20130406-tammam-salam-named-new-lebanon-prime-minister?ns_campaign=editorial&ns_source=RSS_public&ns_mchannel=RSS&ns_fee=0&ns_linkname=20130406_tammam_salam_named_new_lebanon_prime 2013年4月6日閲覧。 
  45. ^ “Tammam Salam named new Lebanese PM”. Xinhua (Beirut). (2013年4月6日). http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-04/06/c_132288109.htm 2013年4月6日閲覧。 
  46. ^ “Lebanon names Tammam Salam as new prime minister”. BBC. (2013年4月6日). http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-22051776 2013年4月6日閲覧。 
  47. ^ Lebanese PM unveils national unity cabinet Al Jazeera. Retrieved 16 February 2014.
  48. ^ Lebanon Forms a Cabinet After 11 Months of Deadlock New York Times. Retrieved 29 June 2014.
  49. ^ Lebanon Cabinet formed after 10-month stalemate USA Today. Retrieved 29 June 2014.
  50. ^ Lebanon forms new government after months of political deadlock The Guardian. Retrieved 29 June 2014.
  51. ^ Abdel Latif, Omayma (3–9 March 2005). “What next, Lebanon?”. Al Ahram Weekly 732. http://weekly.ahram.org.eg/2005/732/re5.htm 2013年4月15日閲覧。. 
公職
先代:
タレク・ミトリ
レバノン文化相
2008年 – 2009年
次代:
サリーム・ワルデー
先代:
ナジーブ・ミーカーティー
レバノンの首相
2014年 - 2016年
次代:
サード・ハリーリー
先代:
ミシェル・スライマーン
レバノンの大統領
代行

2014年 – 2016年
次代:
ミシェル・アウン