龍造寺信周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
龍造寺信周
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文元年10月18日1532年11月14日
死没 慶長13年8月15日1608年9月23日
官位 安房守[1]左馬頭
主君 龍造寺隆信政家高房鍋島勝茂
肥前佐賀藩
氏族 龍造寺氏須古鍋島家
父母 父:龍造寺周家
兄弟 八戸宗暘室、隆信信周
犬塚尚重継室(後横岳頼続室)、長信
信昭(次男)

龍造寺 信周(りゅうぞうじ のぶちか)は、戦国時代から 江戸時代初期にかけての武将須古鍋島家初代当主。兄の龍造寺隆信と共に各地を転戦し、武功を挙げたといわれている。

生涯[編集]

天文元年(1532年)、龍造寺周家の次男として誕生。隆信の次弟だが、異母兄弟であったため、隆信と同母弟の長信より地位は低かったらしい。

元亀元年(1570年)に大友氏龍造寺氏が戦った今山合戦後、局地戦では大勝した龍造寺軍ではあったが、国内情勢は不安定であった為に、大友氏とこのまま抗争状態になるのは不利と判断。大友氏からの要請により、人質として大友氏へ派遣され、和議を成立させている。

天正12年(1584年)に沖田畷の戦いでの兄・隆信が戦死した後に須古城へ移り、豊臣秀吉九州平定朝鮮出兵などを経て、龍造寺氏から鍋島直茂への権力の移譲が進むと、この流れに従って、鍋島氏肥前国支配体制を認めた。

龍造寺高房の龍造寺氏復権への動きに対し、幕府が事情聴取のために、信周と弟・長信[2]龍造寺家晴の三人を江戸に招聘した際、三人は鍋島氏の肥前支配を認めたこともあり、鍋島氏の肥前支配は決定的となった。

なお、信周の子孫は須古鍋島家龍造寺四家の一つ)として、佐賀鍋島家の重臣として明治維新を迎えた。

慶長13年(1608年)死去。跡を次男・信昭が継ぐ。

脚注[編集]

  1. ^ 北肥戦誌(九州治乱記)』の記述。
  2. ^ 一説には子の多久安順