鍋島茂正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
鍋島茂正
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文5年5月2日1665年6月13日
死没 享保13年10月2日1728年11月3日
改名 武松(幼名)→茂正
別名 十左衛門
墓所 佐賀県武雄市の円応寺
主君 鍋島吉茂
肥前佐賀藩
氏族 武雄鍋島氏
父母 父:鍋島茂紀
兄弟 茂正茂昭
茂住

鍋島 茂正(なべしま しげまさ)は、江戸時代前期から中期にかけての武士肥前国佐賀藩士。武雄鍋島氏5代当主。24代佐賀藩自治領武雄領主。文献の中では鍋島十左衛門の名で呼ばれることが多い。

生涯[編集]

寛文5年(1665年)、23代武雄領主・鍋島茂紀の子として誕生。

正徳2年(1712年)、藩財政(蔵入方)を統括する勝手方頭人に任ぜられている。享保11年(1726年)3月、火災により佐賀城が焼失した際、後多久氏諫早氏と共に俸禄の半額を献上する旨を申し出て、3年間で3割ずつ献納するよう許可されている。嫡子・茂住が享保3年(1718年)2月に死去したため、茂正の弟・茂昭が武雄領主の家督を相続している。

享保13年(1728年)、死去。