鍋島直英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
鍋島直英
Nabeshima Naohide.jpg
鍋島直英像(小城市立郷土資料館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 元禄12年3月17日1699年4月16日
死没 延享元年9月12日1744年10月17日
改名 万吉(幼名)→直英
戒名 円覚院殿錦山浄高大居士
官位 従五位下加賀守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家継吉宗
肥前小城藩
氏族 鍋島氏後多久氏→鍋島氏
父母 父:鍋島元武
母:城島家永娘・春子(寿昌院)
養父:多久茂文鍋島元延
兄弟 鍋島吉茂養女(三浦明喬継室)、元延直英
正室:多久茂文娘・千重子(本良院)
於市(定慧院、鍋島直郷正室)、直員直照(三男)、三浦能侯(四男)、
田尻維種(五男)、水町公忠室、
園田忠利

鍋島 直英(なべしま なおひで)は、江戸時代中期の大名肥前国小城藩5代藩主。

生涯[編集]

元禄12年(1699年)、3代藩主・鍋島元武の三男として小城で誕生。

庶子だったため、当初は佐賀藩家老多久鍋島家後多久氏)4代当主・多久茂文の養子となり、多久茂村と名乗る。正徳元年(1711年)、茂文が死去すると家督を継いだ。

正徳4年(1714年)、兄で4代藩主・元延が死去すると、その養子となって家督を継ぎ、12月に従五位下・加賀守に叙位・任官する。その後は幕命により江戸城神田橋門番、朝鮮通信使勅使接待役などを務めた。享保17年(1732年)の享保の大飢饉では流行病と虫害などで1万人の被害者を出しているなど、次第に藩財政の悪化が顕著となった。

延享元年(1744年)9月12日に小城で死去した。享年45。跡を次男・直員が継いだ。