多久茂明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
多久茂明
Taku Shigeaki.jpg
多久茂明
時代 江戸時代
生誕 元禄6年10月16日1693年11月13日
死没 元文4年8月20日1739年9月22日
別名 因幡、美作
墓所 佐賀県佐賀市本庄町の慶誾寺
主君 吉茂宗茂
肥前佐賀藩
氏族 須古鍋島家後多久氏(多久鍋島家)
父母 父:鍋島茂清 養父:多久茂文
正室:曽雄(多久茂文の娘)
茂堯

多久 茂明(たく しげあき)は、江戸時代の武士肥前国佐賀藩士。須古鍋島家7代当主。多久鍋島家(後多久氏)6代当主。

略歴[編集]

元禄6年(1693年)10月16日、須古鍋島茂清の子として生まれる。宝永2年(1705年)3月、父茂清の死去により須古家の家督を相続した。正徳4年(1714年多久茂村が実家の小城鍋島家を相続することとなり、藩主鍋島吉茂の命により、叔父茂族に須古家の家督を譲り、正室の実家多久鍋島家(後多久氏)を相続した。

養父茂文の意思を継いで儒学を尊崇し、正徳5年(1715年)に茂文が建てた多久聖廟の祭費や文武稽古料として、領内花祭村、杵島村の内高200石を寄付し、享保7年(1722年)には椎原山を昌平山と改称し、聖廟補修の費用のため寄付した。享保8年(1723年)当役(請役家老)となる。

元文4年(1739年)8月20日死去。享年47。

系図[編集]

  • 正室:曽雄 - 養父・多久茂文の次女

参考文献[編集]