鍋島茂昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
鍋島茂昭
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年7月25日1705年9月12日
死没 宝暦5年8月16日1755年9月21日
改名 藤九郎(幼名)→茂昭
別名 十左衛門
墓所 佐賀県武雄市の円応寺
主君 鍋島吉茂宗茂宗教
肥前佐賀藩
氏族 武雄鍋島氏
父母 父:鍋島茂紀
兄弟 茂正茂昭
茂明

鍋島 茂昭(なべしま しげあき)は、江戸時代中期の武士肥前国佐賀藩士。武雄鍋島氏6代当主。25代佐賀藩自治領武雄領主。文献の中では鍋島十左衛門の名で呼ばれる事が多い。

生涯[編集]

宝永2年(1705年)、23代武雄領主・鍋島茂紀の子として誕生。

享保13年(1728年)、兄で24代武雄領主・茂正が死去したため家督を相続。享保19年(1734年)、馬を好み、馬の飼育にも長けていた事から御牧方頭人を命ぜられる。

延享2年(1745年)、佐賀藩6代藩主・鍋島宗教が幕府に弟・直鄰(主膳)の養子願いを出そうとした際、茂昭は宗教と共に江戸に在府しており、諫早茂行蓮池藩4代藩主・鍋島直恒鹿島藩4代藩主・鍋島直郷らと共に宗教を翻意させようと苦労した事が茂昭から諫早茂行や神代茂英に宛てた手紙に記されている。

しかし、寛延元年(1748年)、いよいよ宗教に失望した直恒に茂行も同調し、遂に宗教への隠居工作が画策される。これは、直恒が幕府老中酒井忠恭(雅楽頭)に対し宗教が病気のため登城できないと申し出る一方、同年11月に参勤交代で江戸に出府した宗教には老中の御内意により登城を差し控えるようにと伝え、家督を宗教の弟・直鄰に継がせようとするものであった。

茂昭はこの動きを察知し、同年8月江戸に上り、神代茂英らと共に、宗教隠居の画策を阻止しようと行動した結果、寛延2年(1749年)正月、宗教の隠居は取止めとなり、同月酒井忠恭は老中の罷免・前橋から姫路への転封、同年12月、諫早茂行は物成4千石(知行1万石)を没収され隠居を命じられた[1]。また、直恒は逼塞を命じられ、茂昭に伴われて佐賀に帰国する直前の同年10月に急死している。

宝暦5年(1755年)8月に死去、同年10月、嫡子・茂明が跡を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ これが寛延3年(1750年)正月の諫早一揆に繋がる。