須古鍋島家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

須古鍋島家(すこなべしまけ)は、近世佐賀藩家老須古邑主の家系。

概要[編集]

戦国大名龍造寺隆信の異母弟龍造寺信周を祖とする。信周は隆信によって肥前国杵島郡須古に封ぜられ、龍造寺氏から鍋島氏への国政移譲の後もその地を治めた。その際、鍋島氏への権力移譲が正当なものであることを、他の龍造寺諸家とともに幕府に対して証言している。3代邑主茂周のとき鍋島姓を与えられた。

その後、佐賀藩の財政再建のため、2度にわたる三部上地を経て石高は半減したが、幕末まで佐賀藩の家老として藩政にかかわった。

系譜[編集]