斎藤正彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
齋藤正彦から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

斎藤 正彦(さいとう まさひこ、1931年 - )は日本数学者東京大学名誉教授。

警視総監台湾総督府総務長官等を歴任した斎藤樹の二男。母禎子は司法大臣鉄道大臣等を歴任した小川平吉の三女。元駐米大使、元外務事務次官斎藤邦彦は実弟。 宮澤喜一元首相の従弟。パリ大学理学博士。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 齋藤正彦『線型代数入門』東京大学出版会、1995年 ISBN 4-1306-2001-0
  • 齋藤正彦『数学の基礎―集合・数・位相』東京大学出版会、2002年 ISBN 4-1306-2909-3
  • 齋藤正彦『はじめての群論』日本評論社、2005年 ISBN 4-5357-8504-X
  • 齋藤正彦『微分積分学』東京図書、2006年 ISBN 4-4890-0732-9
  • 齋藤正彦『数のコスモロジー』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2007年 ISBN 4-4800-9101-7
他訳書など多数