鼻煙壷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ自然史博物館の鼻煙壷のコレクション

鼻煙壷(びえんこ、Snuff Bottle)とは嗅ぎ煙草を入れておくための容器喫煙具のこと。その形や色や大きさは様々である。大きさは小さいことがほとんどで、大きくても高さ10cmに満たない場合が多い。だいたい高さ数cm程度の小さな容器である。中に嗅ぎ煙草をすくうための匙がついている。

歴史・文化[編集]

鼻煙壷の素材は様々なものがあって、たとえば金、銀、玉、瑪瑙、ガラス、陶器、象牙などで作らたものがある。鼻煙壷には装飾なども施されているので観賞の対象にもなった。だから日用品としての利用以外に美術品として収集されたケースもあった。鼻煙壷は中国の時代に流行したが、現在は日用品としてはあまり用いられていない。

関連項目[編集]