魔城伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔城伝説
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 MSX
発売元 コナミ
メディア ROMカートリッジ
発売日 1986年1月
テンプレートを表示

魔城伝説』(まじょうでんせつ)は、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)より1986年MSX用に発売されたトップビューの縦スクロールシューティングゲーム。英題は"Knightmare"

コナミアンティークスMSXコレクション』(プレイステーションセガサターンゲームアーカイブス)にも収録され、近年には携帯電話、i-revoWiiWii Uバーチャルコンソールでも配信された。

概要[編集]

当時のシューティングゲームとしては珍しいファンタジー路線で、主人公ポポロンがヒュドノスにさらわれた・アフロディテを助けるというストーリーとなっている。ポポロンは弓矢を使い、襲い来る魔物を倒していく。これらのキャラクターはギリシャ神話のアポロンアプロディテがモデルになっていると思われる。

続編も発売されている。『魔城伝説II ガリウスの迷宮』(FC版は『魔城伝説II 大魔司教ガリウス』)はサイドビューのアクションRPG、完結編である『魔城伝説III シャロム』はRPG風のアドベンチャーゲームになっており、シリーズの各作品のゲームジャンルがそれぞれ異なっている。

なお、本作の主人公ポポロンは後にMSX版『パロディウス』に魔物退治と称して参加している。

ゲームシステムではアーケードゲームである『ファイナライザー』と武器やパワーアップシステムで共通する部分が多く、このゲームがモチーフになっているものと思われる。

システム[編集]

縦スクロールシューティングゲームである。主人公はポポロンとなり、ヒュドノスを倒すために8つのステージをクリアしていく。
各ステージの地面には、クエスチョンマークのついた物体が配置されている。これはアフロディテが残した道標という設定になっている。武器を当てるとチェスの駒をモチーフにしたジュエルが表示され、取ると得点が増えたり特殊効果が発動したりする。まれに障害物になるものもある。
また、所定の位置に来ると、パワークリスタルおよびウェポンクリスタルが画面上部より現れる。前者によってポポロンはスピードアップや透明化などのパワーアップをすることが可能となる。後者では新しい武器を選択することができる。
各ステージの最後にはボスキャラがおり、次のステージへのゲートを守っている。
ステージによっては、川に橋がかかっていないこともある。そのときは川に向かって武器を撃ちながら探す必要がある。

ステージ構成[編集]

ステージ1
神殿。
ステージ2
森。川はない。
ステージ3
砂漠。
ステージ4
赤く染まった神殿。
ステージ5
城の内部。左右の壁は青いレンガになっている。
ステージ6
荒れ地。
ステージ7
川。水の上に建設された橋の上で戦う。ところどころ橋が架かっていないところがあるが、クエスチョンマークのパネルに武器を当てると現れる。
ステージ8
ヒュドノスのいる神殿の内部。

基本操作[編集]

カーソルキーでポポロンを8方向へ動かす。スペースキーで武器を撃つ。F1でポーズ。ただしボスとの対戦中にはポーズ不能。

キャラクター[編集]

主人公側[編集]

ポポロン
主人公(プレーヤー)。水色のを身にまとっている。初期装備は2連射の弓矢
アフロディテ
ヒュドノスにとらわれたグリーク王国の姫。

敵ボスキャラ[編集]

メデューサ
1面のボス。部下にクラウドを従えている。直線的に飛ぶ呪文を放つ。
デス
2面のボス。死神。複雑な動きをするを多量に投げてくる。鎌は主人公の武器で消せる。攻撃すると顔の色が変化する。
サタン
3面のボス。左右に飛びながら放射状に弾を吐く。翼を閉じているときには攻撃できない。攻撃すると目などの色が変化する。
エルダー
4面のボス。長老。顔の中央に巨大な目が一つだけあり、顔全体は白い毛で覆われている。地面でしばらく燃える炎を出す。攻撃すると目の色が変化する。
ソードマン
5面のボス。赤い甲冑をまとった巨大な戦士。両手から斧を投げる。兜の庇が上がっているときしか攻撃できない。
ジャイアント
6面のボス。巨人。足を踏みならすことで地割れを生じさせる。
ホワイトナイト
7面のボス。ブルーナイトをしたがえて登場する。大きさはポポロンと同じ。攻撃すると青あるいは赤に点滅する。画面下まで去ると、再びゲートの中から現れる。
ヒュドノス
8面のボス。アフロディテをさらった怪物。全身に6つの目があり、それぞれから多量の弾を撃つ。クラウドに守られている。

その他の敵[編集]

プト
シットルケの化身。単細胞。
バット
ブルーナイト
エンジェル
ボーン
骸骨。攻撃してバラバラにしても元に戻り、そのたびに速度を増す。
デビル(小)
ファイヤー
サンダー
クラウド
画面上部を漂う。攻撃するとポポロンに突進してくる。
ゴースト
ゾンビ
撃つと分裂する。
シットルケ
頭のとがった黒い服を着て、両手を挙げたまま歩いてくる。6方向に弾を飛ばす。
ソーサラーA
黄色い顔をした魔法使い
ソーサラーB
赤い顔の魔法使い。ポポロンが武器を撃つと姿を消す。

アイテム[編集]

ジュエル[編集]

クエスチョンマークを撃つことで以下のいずれかになる。背景に隠れており、隠されている場所を撃つことによって出現するものもある。

ルーク
水色。取ると500点。
ナイト
青。敵を全滅させる。
クイーン
赤。10秒間だけ時間を止める。
キング
黄色。残機が増える。
オブスタクル
金属光沢のある障害物。通過できない。
ワープホール
EXITと書かれた穴で入ると先のステージにワープする。一度そのステージまで進んでゲームオーバーになっていることが出現条件。

パワークリスタル[編集]

画面上から出現するPマークの物体で、武器を当てる毎に色が変化していく。何発か武器を当てると横に蛇行し始める。

黒(ボーナス)
1000点加算。
青(スピード)
スピードアップ。最大4段階。
水色(シールド)
前方にを装備して敵の弾を防ぐ。ダメージが蓄積すると盾の色が変化し、30発受けると消える(ボスの弾は4発分消費する)
白(トランスペアランス)
一定時間透明になり無敵になる。なお、シールドを取るとその時点で終了する。
赤(クラッシュ)
一定時間体が赤くなり、体当たりで敵を倒せる。ただしこの時は武器が撃てない。

ウェポンクリスタル[編集]

画面上から出現して、武器を当てることでデザインが変化する。同じ武器を連続で取ると2段階まで強化する。

無地
1000点加算。
ツインアロー
矢が2本になる。2段階目は2連射から3連射になる。
ファイヤー
単射だが3方向に貫通力のある火の玉が出る。2段階目は3列平行になる。
ブーメラン
貫通力のあるブーメランを投げる。途中まで飛ぶと手元に戻ってきて射程距離は短い。2段階目は2連射から3連射になる。
ソード
貫通力はないが速度が早く、3連射できる刀を投げる。2段階目でソードが2本になり当たり判定が広くなる。
ファイヤーアロー
火のついた矢で貫通力がある。2段階目は2連射から3連射になる。

補遺[編集]

  • ポーズ
    • F1キーでポーズをかけるとポポロンは布団に入って鼻提灯を膨らませる。ポーズシーンにおいてこのような「遊び」が導入されたのはコナミのMSXゲームでは本作が初である。

その他[編集]

PC-8801mkIISR用で「魔城伝説II ~ポポロン激闘編~」の発売が予定され、雑誌等で開発中画面が紹介されたりもしたが未発売に終わった。内容はMSX版「魔城伝説II ガリウスの迷宮」と大きく異なり、RPG要素が追加された縦スクロールシューティングになる予定だった。

韓国ではゼミナ社よりクローンの「The Three Dragon Story(용의 전설)」が発売された。グラフィックの他にプレイヤーがライフゲージ制、使用する武器に時間制限があるなどの違いがある。

外部リンク[編集]