高遠そば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高遠そば(長野県伊那市高遠町蕎麦店・「ますや」にて)

高遠そば(たかとおそば)は、福島県会津地方の蕎麦(そば)。近年になり、その名称は発祥地とされる長野県伊那市高遠町に里帰りした。

高遠そば(長野県伊那市高遠町蕎麦店・「壱刻」にて)
高遠そばの薬味
辛味大根の搾り汁

歴史[編集]

慶長16年(1611年)に江戸幕府第2代将軍徳川秀忠の四男として生を受けた保科正之は、庶子だったため、元和3年(1617年)に信濃高遠藩3万石の藩主・保科正光の養子となり、正光の跡を継いで寛永8年(1631年)に同藩の藩主となり[1]、寛永13年(1636年)の出羽山形藩20万石への移封まで藩主をつとめた。蕎麦先進地の信濃国諸藩からの移封江戸時代初期から頻繁にあり、正之もその1人であった。高遠藩3万石、山形藩20万石、会津藩23万石と石高が上昇し、家臣団や城下を削減することなく移封できた正之は、一方で蕎麦好きだったとされ、山形や会津に、そして第4代将軍・家綱の補佐をしていた江戸にも蕎麦を広めたと考えられている。高遠藩からは徳川将軍家寒ざらし蕎麦を献上する慣例もあった。

正之が会津転封の際に一緒に連れて来た蕎麦打ち職人から続く伝統の蕎麦は、正之が初めて藩主となった高遠藩に由来して「高遠そば」と呼ばれ、福島県会津地方に根ざしてきた[1]

高遠町ではそばは郷土食として各家庭で脈々と途切れることなく受け継がれきており、「そばの打てない女性は嫁にはいけない」と言われるほどの日常食として根付いていた地域であるがゆえに、商売としては成り立ちにくく、長年、町内にはそば屋はほとんど存在しなかった。1997年(平成9年)、交流のため福島県会津若松市を訪れた長野県高遠町が、「高遠そば」という名称でそばが商売として成り立っている状況を目の当たりにし、1998年(平成10年)より、同町の飲食店関係者らによって組織された「高遠そばの会」が中心となって、会津の蕎麦屋の支援を受け「高遠そば」を地域活性化の為の事業として取り組むことを開始した[1][2][3]2000年(平成12年)には会津若松市と高遠町が親善交流都市となり[4]2006年(平成18年)に高遠町と合併した伊那市が同市との親善交流都市を引き継いだ[1]

以上のような歴史を根拠として、長野県伊那市は自らの市が「信州そば発祥の地」であると主張している[5]

特徴[編集]

江戸時代初期において蕎麦は、辛み大根のおろし汁と焼き味噌で食べるのが一般的だった[6]が、醤油鰹節などの普及によって、醤油だれに取って代わった。福島県の「高遠そば」も長い年月の間に醤油や鰹節を用いる食べ方も見られるようになったが、古い形のままの「高遠そば」も見られる。会津地方の観光地である大内宿では、鰹節をかけた蕎麦を大根おろしを入れただし汁につけ、箸代わりの長葱で食べるという同地の名物「高遠そば」もある[7]

一方、里帰りした長野県では、大根おろしからとった絞り汁を味噌で味付けしたものが使われている[8]。また、大根は辛いものでなければならず、つけ汁に辛み大根を使うのは、信州そばの原型である[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 保科正之公と高遠そば(伊那市)
  2. ^ 伊那市観光協会「高遠そば」より(2015年1月28日閲覧)。
  3. ^ 高遠町教育委員会『高遠風土記』ほおずき書籍株式会社 2004年
  4. ^ 姉妹都市・親善交流都市などの紹介(会津若松市)
  5. ^ 信濃毎日新聞信州そば『発祥地は伊那』 市など主張、イベントでPRへ」より(2012年9月26日付、2015年1月28日閲覧)。
  6. ^ 太野祺郎『蕎麦手帳』東京書籍、2010年 ISBN 978-4487804740
  7. ^ 福島県の候補料理一覧農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」)
  8. ^ 山口美緒『信州蕎麦ごのみ』信濃毎日新聞社、2011年 ISBN 978 4-7840-7173-9
  9. ^ 田中敬三『物語・信州そば事典』郷土出版社、1998年 ISBN 4-87663-408-4

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]