信州そば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
信州そば(天麩羅付き)

信州そば(しんしゅうそば)は、一般的には長野県で作られる蕎麦の総称である[1][2]。と考えられている。

有名なソバ産地として、「戸隠」(長野市戸隠)「開田」(旧 木曽郡開田村、現 木曽町)、「川上」(川上村 (長野県))、「柏原」(上水内郡信濃町)、「富倉」[3]飯山市)等がある。

商標[編集]

茅葺き屋根に「信州そば」の文字をあしらったロゴマークは、1997年(平成9年)長野県信州そば協同組合の登録商標として登録され[4]、「長野県信州そば協同組合」(2018年時点、長野県内業者19社で構成)において、組合に申請のある製品に対し、そば粉を40%以上配合した良質の干しそば商標登録した信州そばとして認定してロゴマーク使用の許可されている。

参考文献[編集]

  • 青沼陽一郎、「消費者惑わす「食品表示」を考える 中国産そば粉で「信州そば」は許されるのか!?」 毎日新聞出版 サンデー毎日 95(37), 39-42, 2016-09-04, NAID 40020908847

脚注[編集]

  1. ^ 野県のそばについて 長野県 農政部農業技術課
  2. ^ 豊田実、最近の麺事情について 調理科学 1991年 24巻 1号 p.36-42, doi:10.11402/cookeryscience1968.24.1_36
  3. ^ 信州の文化財 選択無形民俗文化財 富倉ソバ 八十二文化財団
  4. ^ 組合概要 長野県信州そば協同組合

外部リンク[編集]