高田修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高田修(たかた おさむ、1907年9月8日 - 2006年10月27日)は、日本の仏教学者東北大学名誉教授。インド哲学仏教美術専攻。

来歴[編集]

三重県生まれ。1931年東京帝国大学文学部印度哲学科卒業。副手、52年東京国立文化財研究所に入る。60年「醍醐寺五重塔壁画」(共同研究)で日本学士院賞恩賜賞受賞。61年「仏像の起源」で東京大学文学博士。62年文化財研究所美術部長、1969年東北大学文学部教授、71年定年退官、名誉教授、成城大学教授、78年退職。

著書[編集]

共編著[編集]

参考[編集]