高橋健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 健一郎(たかはし けんいちろう、1972年 - )は、日本研究者音楽評論家北海道出身。札幌大学元教授、大阪大学講師。日本アレンスキー協会副会長、北海道ポーランド文化協会会員、日本ロシア文学会会員。学術博士

人物・経歴[編集]

1990年3月札幌北高等学校卒業

1990年4月東京大学教養学部理科Ⅰ類入学[1]

1995年3月東京大学教養学部教養学科卒業学士[1](教養)

1997年4月東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻修了修士[1](学術)

1998年10月~2000年9月ロシア国立人文大学言語学研究所

2002年3月東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻修了博士[1](学術)

2003年札幌大学外国語学部 講師

2005年4月同助教授

2007年4月同准教授[2]

2010年4月同教授[2]

2013年4月札幌大学地域共創学群 教授[2]

2020年4月大阪大学大学院言語文化研究科言語社会専攻 助教[2](ヨーロッパⅠ講座)

2021年4月大阪大学大学院言語文化研究科言語社会専攻[2] 講師

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 高橋 健一郎 (Kenichiro Takahashi) - 学歴 - researchmap”. researchmap.jp. 2021年5月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 研究者総覧 - 大阪大学”. rd.iai.osaka-u.ac.jp. 2021年5月2日閲覧。