高島照治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高島 照治(たかしま てるじ[1]1924年1月18日 - 2006年3月17日[2])は、日本の農業家、政治家。主な役職に群馬県議会議長、群馬県議会議員、嬬恋村議会議員、日本ホルスタイン登録協会会長など。

略歴[編集]

大正13年(1924年)、群馬県草津町に生まれる[1]長野県小諸商業高等学校卒業[1]

開拓農家として[編集]

太平洋戦争終結後復員すると、1946年(昭和21年)に嬬恋村(群馬県吾妻郡)に入植し[3][1][2]、仙之入開拓農協(全国開拓農業協同組合連合会参照)を設立して組合長に就任した[1]

群馬県の畜産に関する様々な団体の要職を歴任したほか、1984年(昭和59年)からは日本ホルスタイン登録協会の会長を務め、牛の個体識別システムの導入に携わった[3]。また、国と県のパイロット事業として1400ヘクタールの農地造成に功績があり[1]、1979年(昭和54年)には酪農への貢献により黄綬褒章を受章した[3]

政治家として[編集]

昭和30年(1955年)に嬬恋村の村議会議員に当選。昭和38年(1963年)からは8期連続で群馬県議会議員を務め、県議会副議長(任期:1976-1977年[4])、議長(任期:1983-1984年[4])、自由民主党群馬県支部連合会幹事長などを歴任した[1]

この間、国道145号の全面舗装化を実現させた[1]。嬬恋村と長野原町には独立した高校がなく、群馬県立中之条高等学校の分校があるのみだったのを、1968年(昭和43年)に群馬県立嬬恋高等学校群馬県立長野原高等学校として独立させるのに貢献した[1]

このほか八ッ場ダム問題、下水道の集中処理施設設置問題[注 1]、県議会の定数削減問題などにあたった[1]。一連の行政への功績が認められ、1985年(昭和60年)に藍綬褒章、1996年(平成8年)に勲三等旭日章を受章した[3]

年表[編集]

  • 1946年(昭和21年) - 群馬県吾妻郡嬬恋村に入植[3][2]
  • 1955年(昭和30年) - 嬬恋村村議会議員に初当選[1]
  • 1963年(昭和38年) - 群馬県議会議員に初当選[3]
  • 1970年(昭和45年) - 日本ホルスタイン登録協会理事に就任[3]
  • 1973年(昭和48年) - 日本ホルスタイン登録協会監事に就任[3]
  • 1976年(昭和51年) - 日本ホルスタイン登録協会副会長に就任[3]。群馬県議会副議長に就任[4]
  • 1980年(昭和55年) - 自由民主党群馬県支部連合会幹事長に就任[2]
  • 1983年(昭和58年) - 群馬県議会議長に就任[4]
  • 1984年(昭和59年) - 日本ホルスタイン登録協会第8代会長に就任[3]
  • 1996年(平成08年) - アジアで初めて世界ホルスタインフリージアン会議を開催する[2]
  • 2004年(平成16年) - 日本ホルスタイン登録協会会長を辞任[3]
  • 2006年(平成18年) - 虚血性心不全のため群馬県前橋市内の病院にて死去。享年82。[2]

主な役職[編集]

  • 日本ホルスタイン登録協会会長[2]
  • 日本ホルスタイン登録協会顧問
  • 日本家畜人工授精師協会会長[3]
  • 家畜登録団体中央協議会会長[3]
  • 家畜個体情報管理システム推進中央協議会副会長[3]
  • 全国家畜畜産物衛生指導協会理事
  • 全国開拓農業協同組合連合会理事
  • 中央畜産会理事[3]
  • 家畜改良事業団理事[3]
  • 群馬県畜産協会会長[2]
  • 群馬県酪農指導検査協会会長[2]
  • 群馬県家畜登録協会会長[2]
  • 群馬県開拓農協連合会会長
  • 群馬県食品産業協議会顧問
  • 自由民主党群馬県支部連合会副会長

主な受賞歴[編集]

人物[編集]

  • 自民党群馬県連幹事長、群馬県議会議長を歴任した群馬県政の大物である。福田赳夫中曽根康弘小渕恵三と3人の内閣総理大臣を輩出した自民党群馬県連を地元で支え続けた。
  • 農業通として知られ、特に酪農分野では、日本ホルスタイン登録協会会長をはじめ、農政の中心人物として活動した。日本ホルスタイン登録協会会長在職年数は歴代会長の中で最長。晩年も農業政策の充実に使命感を燃やし、死ぬまで群馬県畜産協会会長などの要職を務めた。
  • 吉川真由美と親交が深かった。高島の死を受けて、吉川は自身のブログで複雑な心境を吐露している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 県央地区の終末処理場は1978年(昭和53年)に事業着手、2026年度の完了目標となっている[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『群馬新百科事典』p483「高島照治」
  2. ^ a b c d e f g h i j 一般社団法人日本ホルスタイン登録協会、平成18年(2006年)3月20日、「高島照治氏(前日本ホル協会長)逝去」 2019年2月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 一般社団法人日本ホルスタイン登録協会、平成16年(2004年)7月20日、「全頭登録を目標に」 2019年2月9日閲覧。
  4. ^ a b c d 群馬県議会歴代正副議長一覧 2019年2月9日閲覧。
  5. ^ 群馬県、県土整備部下水環境課、県央処理区 2019年2月9日閲覧。

書誌情報[編集]

関連項目[編集]