大林喬任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大林 喬任(おおばやし たかとう、1932年2月16日 - 2006年12月17日)は、日本の政治家群馬県出身。吉岡村長を3期にわたり務めた。

略歴[編集]

  • 群馬県立渋川高等学校
  • 1965年、吉岡村消防団長
  • 1971年、吉岡村議会議員選挙に出馬。初当選
  • 1973年、吉岡村長選挙に出馬。初当選。3期務める
  • 1983年、群馬県議会議員選挙に出馬。初当選
  • 2006年、肺炎のため死去。享年74

主な役職[編集]

  • 群馬県議会議長
  • 自由民主党群馬県支部連合会副会長
  • 自由民主党群馬県支部連合会幹事長
  • 自由民主党群馬県支部連合会総務会長
  • 群馬県社会福祉協議会会長
  • 群馬県農業会議会長
  • 群馬県農業研究会会長
  • 榛東村・吉岡町任意合併協議会参与

トピックス[編集]

  • 2005年衆議院議員選挙で、小渕優子の当選を祝う乾杯の音頭をとろうとしたところ、突然倒れる。幸い大事には至らなかったものの、会場は一時騒然となった。
  • 群馬県政の実力者である。特に農政分野には力をもっている。

関連項目[編集]