高山城 (大和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
高山城
奈良県
城郭構造 山城
築城主 鷹(高)山氏
遺構 土塁曲輪、土橋
指定文化財 未指定[1]
位置 北緯34度45分25秒 東経135度43分10秒 / 北緯34.75694度 東経135.71944度 / 34.75694; 135.71944
地図
高山城の位置(奈良県内)
高山城
高山城

高山城(たかやまじょう)は、奈良県生駒市にある日本の城跡。

概要[編集]

高山城は、奈良県生駒市の北部、黒添池の南に位置する標高217メートル、比高40メートルの山城である。

源頼光の流れを受ける[2]鷹山氏の居城であり、大和国と河内国の国境に位置していた。

城は、3つの曲輪から構成されており、現在は、文化財保護の観点から遺構を避けるような形でハイキング道が設置されている。[3]

構造[編集]

  • 標高217メートルの山腹にあり[4]
  • 一部に土塁が残っている

高山城の略史[編集]

  • 築城時期は不明
  • 大乗院雑事記には明応7年(1498年)8月6日「古市ハ高山城二在之、合戦、秋篠・宝来衆ト也、所々焼之」との記載有り[5]


所在地[編集]

  • 生駒市高山町庄田字城茶屋[6]

脚注[編集]

  1. ^ 「高山城跡」生駒市公式HP
  2. ^ 生駒市史(通史・地史編)89頁
  3. ^ 奈良県高山城の構造 56頁
  4. ^ 奈良県高山城の構造 56頁
  5. ^ 奈良県の地名(日本歴史地名大系30)平凡社
  6. ^ 日本城郭大系 第10巻 321頁

参考文献[編集]

  • 村田修三ほか編集『日本城郭大系 第10巻 三重・奈良・和歌山』新人物往来社発行 1980年(昭和55年)第1刷
  • 千田嘉博『奈良県高山城の構造』奈良大学文学部文化財学科刊 2006年3月
  • 生駒市教育委員会『生駒市文化財調査報告第7集』 1988年3月
  • 生駒市教育委員会『生駒市文化財調査報告書第26集 生駒市古文書調査報告書Ⅲ 北地区(高山町)』2008年(平成20年)3月
  • 生駒市史編纂委員会『生駒市誌(通史・地史編)V』1985年(昭和60年)3月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]