越智氏 (大和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
越智氏
No image available.svg
遠雁に竜胆
本姓 清和源氏大和源氏頼親流
家祖 不明
種別 武家
士族
出身地 大和国高市郡越智荘
主な根拠地 大和国越智城
大和国高取城
著名な人物 越智維通
越智家栄
越智家増
支流、分家 楢原氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

越智氏(おちし)は、大和国高市郡越智荘を支配した豪族である。

出自[編集]

古代日本に存在した伊予国の豪族である物部姓越智氏と関係があるという説や河野氏の末裔説もあるが、実際は伊予国と同じ地名がある大和国に拠点を置いた源頼親清和源氏の始祖である源経基の孫で源満仲の次男)の末裔という。家系図では出自説が複数あることもあって若干の混乱もあり、複数存在している。しかし、複数の家系図も源親家の末裔という点では共通している(奈良県史所収『越智氏略系図』と戦国大名系譜人名事典所収『越智氏系図』)。

鎌倉時代には大和国内の北部では興福寺の力が非常に強く、興福寺の寺僧である衆徒と春日大社の神人である国民が中心として分かれていた。南北朝時代には両方で南朝と北朝に分裂し、越智氏は「散在党」と呼ばれる首領として連合をまとめあげて勢力を拡大していった。

沿革[編集]

越智氏は南朝方に属して活躍し、観応の擾乱では足利直義越智源太(伊賀守)のもとへ頼ってくるほどの勢力に成長した。直義はこの後に南朝に降っている。しかし情勢は次第に南朝方が不利となり、源太が当主の時に北朝方へと降った。

南北朝統一後は大和国内有数の実力者となり、国内一の勢力であった興福寺を凌ぐほどの勢力を誇り、高市郡全体をほぼ手中に治めて鎌倉時代から続いていた筒井氏との抗争を継続した。応永21年(1414年)には興福寺の訴えがきっかけで幕府が仲裁に従うも、火種は収まらずにいた。正長2年(1429年)に大和で大和永享の乱が勃発し、一乗院衆徒井戸某方に筒井氏や十市氏らが支援したため、箸尾氏らと大乗院衆徒豊田中坊を支援した。戦いは一進一退を極め、永享4年(1432年)9月では筒井氏相手に大勝するも、将軍足利義教の介入により派遣された赤松満祐軍の奮闘により大敗を喫した。すぐに勢力を盛り返し永享6年(1434年)には筒井氏は大敗し、筒井順覚が戦死して長男の順弘が家督を継いだ。しかし翌年には再度義教が再度討伐軍を派遣し、4年もの死闘を繰り返して永享11年(1439年)3月に越智維通が討死し、10年間の抗争に幕を閉じた。これにより大和は一定の安穏を迎えた。

維通の戦死により越智氏の家督は子の家栄ではなく、一族の楢原氏が継承したが、嘉吉3年(1441年嘉吉の乱で義教が赤松満祐に暗殺された混乱の隙に畠山持国の後援により楢原氏を破って家督を奪回し、10歳で家督を継いだ。維通を破った筒井氏で内紛が起きると、順弘を筒井城に復帰させて順弘の弟の成身院光宣筒井順永兄弟と争う。嘉吉3年(1443年)に順弘が配下によって殺害されると大乗院門跡経覚古市胤仙豊田頼英小泉重弘らと組んで光宣を筒井城に封じ込めた。古市胤仙の急死を契機に翌年に和解するも、その翌年に畠山持国が死亡して子の義就と甥の政久政長兄弟のお家騒動が発生すると大和国内は大混乱となった。応仁の乱が発生すると義就派として政長派の筒井順尊(順永の長男)、十市遠清遠相父子、箸尾為国らを追放し、越智氏の最盛期を現出した。

明応6年(1497年)に筒井順賢(順尊の長男)・十市遠治(遠相の子)らが大和に侵攻し、家栄は敗れて子・家令古市澄胤と共に没落したが、翌年大和に復帰した。永正2年(1505年)に筒井順賢ら筒井党と和睦し、家令は娘を順賢、もう1人の娘は順興(順賢の弟で家令の死後に嫁いだか)に嫁いだ。しかし翌年に赤沢朝経が攻め込んできたため、筒井順賢や古市澄胤などの国内の豪族と共に国人一揆を結成して抵抗したがその翌年に家令は戦死した。

家令の後を継いだ家教は再び大和国内の混乱に巻き込まれ、四度筒井氏と対立した。家教の子の家栄が継ぐ。その後にその子の家広の時代に筒井氏らと和睦すると、その後を家栄の孫である家高が継いだ。しかし、家督簒奪を狙う家増(家益・家盛)(家広の弟で家高の叔父)によって妻子共々殺され、家増は家督を継いだ。この頃になると織田信長の勢力拡大により大和まで影響が及ぶと、当初は信長に抵抗するが、のちに信長に従う。家増には子はおらず、布施氏より家秀を迎えて信長の横死後に権力を掌握した羽柴秀吉に通じて存続を図るが、筒井順慶に通じた家臣によって暗殺され、越智氏は滅亡した。

系図[編集]

実線は実子、点線は養子。
源経基
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満仲 満政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼光 頼親 頼信
 
 
 
頼成
 
 
 
頼房
 
 
 
2代略
 
 
 
頼安
 
 
 
2代略
 
 
 
親家
 
 
 
数代略
 
 
 
越智源太
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家高 家成
 
 
 
家経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
維通 次郎
 
 
 
家栄
 
 
 
家令
 
 
 
家教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家栄 家頼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家広 楢崎某 家増
 
 
 
 
 
家高 家秀
 
 
 
家政

関連項目[編集]

外部リンク[編集]