高山八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高山八幡宮

高山.jpg
高山八幡宮
(2018年6月16日撮影)

所在地 奈良県生駒市高山町12679-1
位置 北緯34度44分42秒
東経135度43分20秒
座標: 北緯34度44分42秒 東経135度43分20秒
主祭神 誉田別名
足仲津彦命
息長足比売命
創建 天平勝宝元年(749年)
地図
高山八幡宮の位置(奈良県内)
高山八幡宮
高山八幡宮
高山八幡宮の位置(日本内)
高山八幡宮
高山八幡宮
テンプレートを表示

高山八幡宮(たかやまはちまんぐう)は、奈良県生駒市高山町字大門にある神社である。社格は旧村社。本殿は国の重要文化財に指定されている。

祭神[編集]

祭神は誉田別名(ほんだわけのみこと=応神天皇)、足仲津彦命(たらしなかつひこのみこと=仲哀天皇)、息長足比売命(おきながたらしひめのみこと=神功皇后)の三柱で、中世以来高山を支配した鷹山氏の氏神とされている[1]

歴史[編集]

正確な創建年代は不明であるが、『続日本紀』の「天平勝宝元年(749年)十二月十八日、奈良東大寺に勧請する宇佐八幡宮平群郡で迎えしめた」という記事を充てており、この年代が創建と伝えられている[2]

中世期には、当地・鷹山荘の土豪、鷹山氏の武神として崇拝された。天正5年(1577年)に当地の土豪・鷹山氏は筒井氏に滅ぼされ没落した。一族は、茶筅製作を生業とし、その際に、無足人座と称する宮座を結成し、当社の神殿に最も近い位置に、座小屋を有した[2]

江戸時代には寛永元禄享保の各年代の本殿棟札から、法楽寺・西光寺・上坊・中坊が神宮寺的役割をしたと推察される[2]

文化財[編集]

  • 高山八幡宮本殿(重要文化財)[3]
  • 狛犬(阿形)
  • 狛犬(吽形)
  • 高山八幡宮宮座行事(市指定無形民俗文化財)
  • 奈良晒図絵馬

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 生駒市教育委員会編『生駒市指定文化財(第1集)』(生駒市教育委員会 2003年)
  2. ^ a b c 『大和・紀伊寺院神社大事典』平凡社、527頁。ISBN 4-582-13402-5
  3. ^ 『国指定重要文化財高山八幡宮本殿』高山八幡宮、1988年8月。

外部リンク[編集]