馬淵優佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬淵 優佳 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 馬淵 優佳
国籍 日本の旗 日本
泳法 飛込競技
所属 JSS宝塚スイミングスクール
生年月日 (1995-02-05) 1995年2月5日(24歳)
生誕地 兵庫県宝塚市
身長 166cm
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 飛込競技
東アジア大会
2009年 3m板飛込み
テンプレートを表示

馬淵 優佳(まぶち ゆか、1995年2月5日 - )は、日本の元飛込競技選手(JSS宝塚所属)。兵庫県宝塚市出身[1]。 夫は競泳選手の瀬戸大也。両親は中国出身。父は寺内健を育てた馬淵崇英[1]。次女。甲子園学院高等学校立命館大学スポーツ健康科学部卒業。

経歴[編集]

3歳で水泳を、6歳から飛込競技を始めた[1]

2008年、日本選手権において辰巳楓佳とのシンクロで高飛び込みと3メートル板飛び込みで2冠。

2009年、日本選手権の3メートル板飛び込みで2位、東アジア大会(香港)では同種目で銅メダルを獲得。

2011年世界選手権に出場したが、予選で敗退した。

2012年、インターハイの板飛び込みで3連覇を果たす。

2017年5月24日に入籍したことを公表した[2]

2017年11月28日、ツイッターで引退を表明[3]

2018年6月26日、第一子となる女児を出産[4]

テレビ出演[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]