馬淵優佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬淵優佳 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 瀬戸優佳
国籍 日本の旗 日本
泳法 飛込競技
所属 JSS宝塚スイミングスクール
大学 立命館大学
生年月日 (1995-02-05) 1995年2月5日(26歳)
生誕地 兵庫県宝塚市
身長 166cm
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 飛込競技
東アジア大会
2009年 3m板飛込み
テンプレートを表示

馬淵 優佳(まぶち ゆか、1995年2月5日 - )は、日本の元飛込競技選手(元JSS宝塚所属)、スポーツコメンテーター[1]立命館大学スポーツ健康科学部卒業。imo(株式会社 Indigo Magic Orchestra)所属。

経歴[編集]

兵庫県宝塚市出身[2]。父は中国出身の飛込競技指導者の馬淵崇英[2]

3歳で水泳を、6歳から飛込競技を始めた[2]甲子園学院高等学校を経て、立命館大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科卒業。

2008年、日本選手権において辰巳楓佳とのシンクロで高飛び込みと3メートル板飛び込みで2冠。

2009年、日本選手権の3メートル板飛び込みで2位、東アジア大会(香港)では同種目で銅メダルを獲得。

2011年世界選手権に3メートル板飛び込みで出場したが、33位で予選で敗退した[3]

2012年、インターハイの板飛び込みで3連覇を果たす。

2012年、FINA飛込ワールドカップに3メートル板飛び込みで出場したが、26位で予選で敗退し準決勝に進めず、五輪出場枠も獲得できなかった[4]

2017年5月24日に競泳選手の瀬戸大也と結婚したことを公表した[5]

2017年11月28日、ツイッターで引退を表明[6]。引退の理由については2021年に関西テレビグータンヌーボ2』に出演した際に「競技、嫌いだったんですよ。早く辞めたくて仕方なくて」「違うことも見てみたいなって思って」と結婚が理由ではないと明かした[7]

2018年6月26日、第一子となる女児を出産[8]

2020年3月、第二子となる女児を出産[9]

テレビ出演[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 瀬戸大也の妻・馬淵優佳さんが占われ、衝撃的な一言を告げられる”. 産経ニュース (2021年7月20日). 2021年8月21日閲覧。
  2. ^ a b c “美しき16歳のダイバー、馬淵優佳”. MSN産経ニュース. (2011年4月23日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110423/oth11042312000002-n1.htm 
  3. ^ Competition Results | FINA Official” (英語). FINA - Fédération Internationale De Natation. 2021年8月1日閲覧。
  4. ^ 17歳馬淵、予選敗退も満足/飛び込み - スポーツニュース” (日本語). nikkansports.com. 2021年8月1日閲覧。
  5. ^ 瀬戸大也、美人アスリート馬淵優佳と結婚 日刊スポーツ
  6. ^ 飛び込みの馬淵、ツイッターで引退表明 瀬戸大也の女房ヤフーニュース朝日新聞2017年11月28日閲覧
  7. ^ “馬淵優佳さん、飛び込みは「嫌いだった」 引退の理由を明かす”. SANSPO.COM. (2021年5月5日). https://www.sanspo.com/article/20210505-OY374NMV3RLRPOOSBKFX6TQW3M/ 2021年5月27日閲覧。 
  8. ^ 瀬戸大也Twitter 2018年6月26日付
  9. ^ “瀬戸大也 第2子誕生を報告「二人目も女の子」 優佳夫人が3月末に出産”. https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/04/20/kiji/20200420s00092000253000c.html 
  10. ^ “馬淵優佳:「日本沈没」でドラマ初出演 「人生を変える大切な大切な経験に」”. まんたんWEB. (2021年12月5日). https://mantan-web.jp/article/20211204dog00m200061000c.html 2021年12月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]