飯城勇三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯城 勇三(いいき ゆうさん、1959年9月18日[1] - )は、日本翻訳者評論家エラリー・クイーン研究家。宮城県石巻市出身[1]東京理科大学理工学部卒業[1]

エラリー・クイーンファンクラブ会長。

2011年、『エラリー・クイーン論』で、第11回本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞。2018年、『本格ミステリ戯作三昧』で第18回本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞。

著書一覧[編集]

  • 『鉄人28号』大研究 操縦器の夢(2002、講談社
  • エラリー・クイーン Perfect Guide(2004、ぶんか社
  • エラリー・クイーン パーフェクトガイド(2005、ぶんか社)
  • エラリー・クイーン論(2010、論創社
  • エラリー・クイーンの騎士たち―横溝正史から新本格作家まで(2013、論創社)

翻訳[編集]

  • エラリー・クイーンの国際事件簿(2005、東京創元社
  • 間違いの悲劇(2006、東京創元社)
  • ミステリ・リーグ傑作選 上(2007、論創社 論創海外ミステリ
  • ミステリ・リーグ傑作選 下(2007、論創社 論創海外ミステリ)
  • ナポレオンの剃刀の冒険 聴取者への挑戦(2008、論創社 論創海外ミステリ、Ellery Queen)
  • 死せる案山子の冒険 聴取者への挑戦(2009、論創社 論創海外ミステリ、Ellery Queen)
  • ミステリの女王の冒険 視聴者への挑戦(2010、論創社 論創海外ミステリ、Ellery Queen)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.441