風月堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「凮月堂」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

凮月堂(ふうげつどう)は、日本全国に展開している複数の洋菓子和菓子メーカーが称する屋号である。江戸時代中期、小倉喜右衛門(後に改姓して大住喜右衛門)が江戸で開いた和菓子店を起源とする。明治時代以降、大住家からの暖簾分けが行われた結果、複数の会社がこの名を継承している。正式な表記は「凮月堂」(「風」の字の「几」中が「百」、凮:U+51EE)。

凮月堂の名前のついた店舗は全国に多数あるが、必ずしも創業家である大住家(凮月堂総本店)の承認を得たのれん分けとは限らず、関係のない店舗が凮月堂を名乗っている場合も多い。

歴史[編集]

江戸時代[編集]

1747年延享4年)に大坂より江戸に上った初代の小倉喜右衛門が、宝暦年間に江戸・京橋鈴木町に開いた「大坂屋」を起源とする[注釈 1]

初代喜右衛門には子供がなく、姪の「恂(じゅん)」を養女に迎えていた[2]。恂は唐津藩水野忠光の屋敷に奉公して側室となり、1794年水野忠邦(後の老中)を生んだ[2]。その後、宿下がりとなった恂が夫として迎えたのが2代目喜右衛門である[注釈 2]。2代目喜右衛門は、義理の息子に当たる忠邦に引き立てられ、また諸大名に出入りを許された[2]。とくに老中松平定信には重用され、松平家の御用菓子商に任命された[2][注釈 3]1815年文化12年)[2][注釈 4]、2代目喜右衛門は松平定信(隠居して楽翁と号していた)より「凮月堂清白」という5文字の屋号を賜った[1]。「風月」は定信の雅号のひとつであり[1][4]、また蘇軾(蘇東坡)の「後赤壁賦」から「月白風清」の文字を選んだものという[4]。これを慶事とした水野忠邦は、名書家として知られた市河米庵を招き、白布に5文字の屋号を揮毫させ、暖簾として喜右衛門に与えた[2]。このときから「大坂屋」は「凮月堂」となった[2]。また、姓も小倉から「大坂屋」の「大」の字を継承して「大住」へと改姓した[2][注釈 5]

なお、2代目喜右衛門は、初代大住喜右衛門が隠居した頃に南伝馬町に店を移した。

明治時代以後[編集]

明治に入ると、4代目喜右衛門が若くして亡くなったために、弟の5代目喜右衛門が凮月堂総本店を継承する[6]。5代目喜右衛門は、亡くなった4代目喜右衛門の家に自分の三男・大住省三郎を養子として入れる形で兄の家を再興させた[6]。大住省三郎が1905年(明治38年)、上野広小路に開いた店舗が現在の上野凮月堂である[6]。凮月堂総本店は店主の夭折が続き、1950年代頃に休業している[1]。その結果、現在、初代大住喜右衛門の血統を受け継いでいるのは上野凮月堂のみとなった[1]

5代目喜右衛門は凮月堂当主として暖簾分けの制度を導入した[6]。凮月堂総本店より最初に暖簾を分けられたのは、当時の番頭であった米津松造で[6]1872年(明治5年)に両国若松町へ出店したのが「凮月堂米津本店」[6](現在の両国凮月堂)である。凮月堂米津本店からは凮月堂総本店の承認のもと、暖簾分けが多く行なわれた[6]。この時暖簾分けされた店としては、神戸凮月堂長野凮月堂甲府凮月堂[7]が現存している。

米津松造は銀座並木通りに西洋料理を出す店として「米津分店南鍋町凮月堂」を出店し、次男の恒次郎を店主としたが、恒次郎の異母弟であり養子の米津修二の代に経営権を失い、新たな経営者に譲渡されたのが現在の銀座凮月堂である。また戦後、米津修二が再度、銀座みゆき通りに「米津凮月堂」として新たな凮月堂を出店するが経営破たん、別会社へ経営を引き継ぎ、銀座中央通りで再度営業を開始した。これが現在の東京凮月堂である(高瀬物産も参照)。結果、現在の銀座凮月堂、東京凮月堂は創業時からの凮月堂一門とは別の流れの会社となっている。

商品[編集]

江戸時代より、諸大名の菓子匠を仰せつかってきた凮月堂総本店は明治時代に入り、新しい菓子開発のため、総本店5代目大住喜右衛門が、当時の番頭の米津松造を横浜に洋菓子の修行に出した。その結果、松造がチョコレートビスケットなどの技術を修得し、これがのちの凮月堂一門において広がった。1874年(明治7年)には“宝露糖”と名づけたボンボン・ド・リコールド(リキュール・ボンボン)を発売、1877年(明治10年)には明治政府が開催した第1回内国勧業博覧会の菓子部門において、大住喜右衛門の南伝馬町風月堂の「菓糕」と米津松造の若松町風月堂の「乾蒸餅(ビスケット)」が褒賞を受賞、以降西洋菓子に力を入れ、1882年(明治15年)ごろには大々的に西洋菓子を売り出し、1886年(明治19年)にはシュークリームやアイスクリームも製造していた[8]

ゴーフル[編集]

凮月堂を代表する菓子とされる[9]ゴーフルは、昭和初期に一門で発売が開始された[注釈 6]。ゴーフルの開発・発売に至る経緯については東京発祥説と関西発祥説がある。

東京発祥説は、昭和初期に「カルルス煎餅」という薄焼き煎餅をヒントに開発されたとする説である[9]。カルルス煎餅は明治より凮月堂一門で販売していた商品で、ゴーフル煎餅に酷似した形状の素焼き煎餅であり、炭酸せんべいの原型とも言われるものである[9]。昭和初期、米津凮月堂の和菓子工場では凮月堂総本店及び米津凮月堂の両方の製品を生産していた。また、火災のため、洋菓子工場と和菓子工場が一緒になったが、大阪の北浜風月堂(現存せず)の職人が洋菓子工場の次長を務めていた。ここで一門の職人たちの試行錯誤が行われた結果、粉の配合や、アメリカ製のショートニングをクリームに用いるなどの工夫がこらされ、1929年(昭和4年)に現在につながるゴーフルが完成したとされる[9][注釈 7]

関西発祥説は、大正の終わりから昭和初期に、米津凮月堂より暖簾分けされた北浜凮月堂において開発されたとする説である。神戸凮月堂が記すところ等によれば、1926年(大正15年)頃にもたらされたフランスの焼き菓子をモデルとして、北浜凮月堂の和洋菓子の職人が開発を進め、神戸凮月堂創業者の吉川市三が当時北浜凮月堂の業務執行社員であったことから、1927年(昭和2年)に米津凮月堂、北浜凮月堂、神戸凮月堂で同時に発売されたとされる[12]。ただし発売当時の製法は現在のものとは異なり、大瓦せんべいと同様の焼き方を行う、手間のかかるものであったという[12]

戦前、凮月堂一門は互いに協力して商品の開発や製造、販売を行っており[9]、ゴーフルの商標は凮月堂一門にて共有されていたが、戦後ゴーフルの類似品が氾濫したため、神戸凮月堂がゴーフルの商標を登録した[12]。ただし、ゴーフルは各社が同時期に製造を始めたものであり、上野凮月堂や東京凮月堂もゴーフルの商標を継続して使用している[13]

上野凮月堂[編集]

株式会社 上野凮月堂
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都台東区上野1-20-10
設立 1947年
業種 食料品
事業内容 和・洋菓子製造販売、喫茶、レストラン営業
代表者 代表取締役会長 大住 省一
代表取締役社長 大住 佑介
主要子会社 デメル・ジャパン株式会社
外部リンク http://www.fugetsudo-ueno.co.jp/
テンプレートを表示
  • 上記出典:会社概要[14]

2015年現在の社長である大住佑介は、初代大住喜右衛門から数えて8世代目にあたる[1]。1988年にデメルと提携し、デメル・ジャパンを設立した[15]。2013年にはブランド名を「上野風月堂 大住商店」とする[15]

神戸凮月堂[編集]

株式会社神戸風月堂
KOBE FUGETSUDO CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
650-0022
兵庫県神戸市中央区元町通3-3-10
設立 1976年11月1日
業種 食料品
事業内容 和洋菓子の製造販売・喫茶・レストラン経営
代表者 代表取締役 下村俊子
従業員数 約600名
外部リンク http://www.kobe-fugetsudo.co.jp/
テンプレートを表示
  • 会社名 - 株式会社神戸凮月堂
  • 創業 - 1897年12月12日
  • 設立 - 1976年11月1日
  • 所在地 - 兵庫県神戸市中央区元町通3丁目3番10号
  • 資本金 -
  • 社員数 - 約600名
  • 上記出典:会社概要[16]

神戸出身の吉川市三が、東京・南鍋町の米津凮月堂に弟子入りし、大住家からの承認をもと「凮月堂」の暖簾を分けられて、1897年12月12日に現在地に創業した[4]。なお、吉川家は江戸時代に「吉川屋新七」の屋号で回漕業・旅館業を営んでいた[4]

東京凮月堂[編集]

株式会社東京風月堂
Tokyo FUGETSUDO Ginza
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0027
東京都中央区日本橋2-2-8
設立 1930年
業種 食料品
事業内容 焼き菓子、半生菓子の製造販売
代表者 代表取締役社長執行役員 高瀬晃裕
資本金 1億円
外部リンク http://www.tokyo-fugetsudo.co.jp/
テンプレートを表示
  • 会社名 - 株式会社東京凮月堂
  • 創業 - 1872年
  • 本社所在地 - 東京都中央区日本橋2丁目2番8号
  • 本部所在地 - 東京都中央区築地2丁目1番11号
  • 資本金 - 10億円
  • 上記出典:会社概要[17]。資本金については沿革を参照した[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1747年を創業の年と位置付ける上野風月堂の記述に基づく[1][2][3]。神戸風月堂は、喜右衛門が江戸に下った時期に「延享四年(1747年)頃」と幅を持たせている[4]。東京風月堂は、大坂屋開業を1753年(宝暦3年)としている[5]
  2. ^ 恂の宿下がりの時期について、「上野風月堂の歴史」は時期を記さないが[2]、同サイト内「江戸時代のおはなし」のページでは水野忠邦が家督を相続した1812年とする[2]
  3. ^ 東京風月堂によれば、松平家の御用菓子商に任命されたのは1789年寛政元年)とあり、初代喜右衛門の事績となる。[5]
  4. ^ 東京風月堂によれば1812年(文化9年)[5]
  5. ^ 神戸風月堂の沿革では、改姓は大坂屋からの改称以前としている[4]
  6. ^ 上野凮月堂の沿革では1929(昭和4年)に「風月堂一門、ゴーフルを発売」[10]、東京凮月堂の沿革では1927(昭和2年)「南鍋町米津風月堂が“ゴーフル”を考案、販売を開始する」[5]、神戸凮月堂によれば「昭和2年以来、神戸風月堂の味として、親しまれている」[11]とある
  7. ^ なお、この説はゴーフルの発売と同時期の1929年(昭和4年)に入店し、後に上野風月堂の工場長となった市村文兵衛の手記に基づくものである[9]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 上野風月堂の歴史”. 上野風月堂. 2015年11月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 江戸時代のおはなし”. 上野風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  3. ^ 沿革 江戸時代|上野風月堂”. 上野風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 会社の沿革”. 神戸風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e 沿革”. 東京風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 明治・大正時代のおはなし”. 上野風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  7. ^ 甲府風月堂”. 甲府風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  8. ^ 『日本洋菓子史』を読む 第17回 西洋菓子 風月堂一般社団法人 日本洋菓子協会連合会
  9. ^ a b c d e f ゴーフル誕生秘話”. 上野風月堂. 2015年11月2日閲覧。
  10. ^ 沿革 戦前・昭和|上野風月堂”. 上野風月堂. 2015年11月2日閲覧。
  11. ^ 銘菓 洋菓子 ゴーフルの紹介”. 神戸風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  12. ^ a b c “[hhtp://www.kobe-fugetsudo.co.jp/story.html ゴーフル物語]”. 神戸風月堂. 2014年12月15日閲覧。
  13. ^ 神戸新聞. (2014年12月6日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010794536.shtml ltitle=「神戸土産の定番」ゴーフル、ルーツは東京にあり 2014年12月15日閲覧。 
  14. ^ 会社概要”. 上野風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  15. ^ a b 昭和から平成のおはなし”. 上野風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  16. ^ 会社概要”. 神戸風月堂. 2014年9月21日閲覧。
  17. ^ 会社概要”. 東京風月堂. 2014年9月21日閲覧。

参考資料[編集]

  • 上野凮月堂「ふうげつ物語」
  • 神戸凮月堂「ゴーフル物語」
  • 東京凮月堂「凮月堂社史本文-明治前2」

外部リンク[編集]