静岡県道127号船原西浦高原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
静岡県道127号標識
達磨山から望む静岡県道127号船原西浦高原線と遠景の富士山

静岡県道127号船原西浦高原線(しずおかけんどう127ごう ふなばらにしうらこうげんせん)は、静岡県沼津市西浦古宇から伊豆市戸田峠を通り土肥峠(船原峠)を結ぶ一般県道である。

概要[編集]

静岡県道127号船原西浦高原線、沼津市西浦古宇にて

静岡県道127号は、以前は戸田峠以北の路線で、「静岡県道127号達磨山西浦線」という名称であったが、戸田峠以南の静岡県道路公社が管理する有料道路西伊豆スカイライン」が静岡県に有償譲渡され無料開放されたのに伴い、この静岡県道127号達磨山西浦線を延長する形で戸田峠・土肥峠間の西伊豆スカイラインを併合し、静岡県道127号船原西浦高原線となった。

路線データ[編集]

通過する自治体[編集]

  • 静岡県
    • 沼津市
    • 伊豆市

歴史[編集]

  • 2004年平成16年)7月30日より西伊豆スカイラインが無料開放。静岡県道127号達磨山西浦線と併合し、静岡県道127号船原西浦高原線となる。

主な接続道路[編集]

主な沿線の施設等[編集]

  • 真城峠(沼津市西浦足保)
  • 戸田峠(沼津市戸田と伊豆市修善寺との境界)
  • 戸田駐車場(西伊豆スカイラン)

関連項目[編集]