静岡県道389号水窪森線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
静岡県道389号標識
向市場駅付近(2010年5月)

静岡県道389号水窪森線(しずおかけんどう389ごう みさくぼもりせん)は、静岡県浜松市天竜区から周智郡森町を結ぶ一般県道である。

ほぼ全線に渡って1車線 - 1.5車線の狭路となっているほか、落石が多く危険なため、19時 - 翌5時30分までの時間帯は河内浦 - 門桁間と門桁 - 勝坂間で全面通行止めとなる。

概要[編集]

路線データ[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

水窪町から山住峠までの区間は、およそ600mの標高差があるが、斜面を一気に登るまたは下るため、走行時には一定の注意を要する。

門桁から小石間トンネル(小石間隧道)までの区間は、気田川に沿うような形となっている。その途中には明神峡という渓谷がある。

通過する自治体[編集]

接続路線[編集]

起点から順に

関連項目[編集]