静岡県道81号焼津森線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
静岡県道81号標識
静岡県道81号焼津森線
路線延長 72.6 km
制定年 1994年
起点 焼津市
終点 周智郡森町
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
島田市大代(2015年6月)
島田市大代(2015年6月)
掛川市 - 島田市境(掛川市倉真、2015年6月)
掛川市倉真(2015年6月)

静岡県道81号焼津森線(しずおかけんどう81ごう やいづもりせん)は、静岡県焼津市から同県周智郡森町に至る主要地方道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

略歴・特徴[編集]

  • 1994年平成6年)4月1日、静岡県道211号五和岡部線、同214号焼津停車場仮宿線、同267号赤根金谷線を一括して、静岡県道81号に指定された。
  • 旧焼津停車場仮宿線区間は静岡県道416号静岡焼津線 - 国道150号(八楠交差点・静岡バイパス焼津バイパス) - 東名高速道路 - 静岡県道381号島田岡部線(旧国道1号) - 国道1号藤枝バイパス(広幡IC)を繋ぐ『主要地方道』である。
  • 八楠交差点 - 焼津IC間は4車線(焼津IC - 仮宿交差点間も4車線に拡幅工事中)。仮宿交差点 - 広幡IC間の900m(4車線)も焼津森線に指定されている。
  • 仮宿交差点からは旧東海道静岡県道208号藤枝静岡線との重複)を経て、旧五和岡部線に接続する。
  • 旧五和岡部線に接続した先は山間部の道路であり、藤枝市西方 - 同市瀬戸ノ谷間、藤枝市滝沢 - 島田市相賀、島田市大代 - 掛川市倉真間の一部は狭隘道路である。
  • 藤枝市西方 - 同市本郷間は幅2.0m、石仏トンネルでは高さ2.0mの制限がされている。
  • 島田市神座 - 同市竹下間は大井川で中断しているが、最寄りの橋は上流側の大井川用水の水路橋で、小型自動車以下なら通行可能(時間帯による一方通行・夜間閉鎖)。
  • 島田市大代の区間も中部電力の静岡変電所[1]が先にある庄司文殊トンネルまでは整備されている。そこからは掛川市倉真に向かう峠越えの道となり、幅1.7mの規制がされるほど極めて狭い道路である上に、ガードレールが設置されていない箇所が目立つため、運転には最大級の注意を要する。また、道路の傷みも非常に激しく、砂利が落ちていたり、が生えていたりしている。そのためにいわゆる「険道」の一つとして挙げられることがある。
  • 掛川市倉真で最高速度40km/h区間の始まりを示す標識から先も同市本郷まで狭い箇所があり、森町飯田、同町一宮にもまた狭い箇所がある。
  • 掛川市遊家周辺では順次改善されているものの、道路の傷みが激しく、走行時にゴゴゴと音が鳴る。
  • 掛川市西山 - 袋井市宇刈までは狭路ではないものの、直角カーブが所々にある。
  • 森町一宮の天竜浜名湖鉄道のガードは高さ2.5mの制限がされている。

主な接続道路[編集]

この間に中断区間(大井川)あり

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 50万V第二浜岡幹線および静岡変電所50万V開閉設備の運用開始について”. 中部電力 (2004年2月6日). 2017年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]