静岡県道189号三ツ峰落合線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
静岡県道189号標識

静岡県道189号三ツ峰落合線(しずおかけんどう189ごう みつみねおちあいせん)は、静岡県静岡市葵区落合と笠張峠とを結ぶ、一般県道である。

概要[編集]

静岡市葵区の北部を通る道路であり、大半の区間が山道になっている。

静岡市街から井川地区へアクセスする場合、大日峠を越える静岡県道27号井川湖御幸線を通過するルートと、この道路および静岡県道60号南アルプス公園線を使い富士見峠を越えるルートの2つが考えられるが、大日峠のルートは旧道であり、後者のルートのほうが距離や走りやすさにおいて優れているため、現在はこの後者がメインルートとされる。なお、路線バスも後者のルートを通過する(後述)。

ただし、大日峠ルートよりも整備されているとはいえ、急カーブや急勾配が連続する険しい道路である。また、冬期はチェーン規制が行われることがある。

笠張峠で静岡県道60号南アルプス公園線と接続する。

路線データ[編集]

沿革[編集]

  • 1969年10月21日: 認定
  • 2018年6月20日: 静岡市とJR東海は、リニア中央新幹線の工事車両の通行ルートとして県道三ツ峰落合線にトンネルを整備し、JR東海が工事費用を全額負担することで基本合意したと発表した[1]

通過する自治体[編集]

接続道路[編集]

沿線の施設等[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]