静岡県道31号焼津榛原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
静岡県道31号標識
静岡県道31号 焼津榛原線
主要地方道 焼津榛原線
起点 焼津市栄町【地図
終点 榛原郡吉田町住吉【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0150.svg 国道150号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

静岡県道31号焼津榛原線(しずおかけんどう31ごう やいづはいばらせん)は、静岡県焼津市焼津駅前から牧之原市細江までを結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 陸上距離:18.1 km
  • 起点:焼津市栄町(JR焼津駅南口)
  • 終点:榛原郡吉田町住吉(国道150号交点)

歴史[編集]

路線状況[編集]

駅前通り(焼津駅)は南行きの一方通行であり、焼津市役所の東側は北行きの一方通行である。

バイパス道路[編集]

2014年3月現在、焼津市三和から牧之原市細江にかけて国道150号バイパス道路が建設中である。

起点付近は志太榛南バイパス、終点付近は志太榛南IIバイパスとして事業化されているが、太平橋を含む中間部分は焼津榛原線のバイパス道路として建設・整備が進められており、大井川右岸は2014年3月28日に開通した[2]

志太榛南バイパスと大井川港の間は都市計画道路 志太東幹線として整備建設中であり、焼津榛原線のバイパス道路となる予定[3]

太平橋[編集]

大井川最下流の橋で、焼津市飯淵-吉田町川尻の間をつなぐ。全長964m。対面通行

1958年に木造橋として完成、1988年に現在のコンクリート橋が完成[4]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

牧之原市細江
旧道(別線)
  • (静岡県道31号焼津榛原線)(榛原郡吉田町川尻、現道とは歩道だけ接続)
  • 静岡県道229号吉田港線・静岡県道230号住吉金谷線(榛原郡吉田町片岡・日の出町交差点)
  • 国道150号(牧之原市細江・寄子橋入口交差点)

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ 川尻橋交差点の通行形態が変わります! (PDF)”. 島田土木事務所 (2013年12月27日). 2014年3月2日閲覧。
  3. ^ 地域の自立の実現 (PDF)”. 静岡県交通基盤部. p. 14 (2013年). 2014年3月2日閲覧。
  4. ^ 吉田町町覧 (PDF)”. 吉田町 (2010年3月). 2014年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]