雁戸山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雁戸山(がんどさん)は、宮城県柴田郡川崎町山形県山形市の境にある山である。雁戸山と南雁戸山(標高1486m)とで双耳峰をなす。

雁戸山
Mt.Gando.jpg
山形市内から撮影した雁戸山
標高 1484.6 m
所在地 日本の旗 日本 宮城県柴田郡川崎町
山形県山形市
位置 北緯38度11分56.4秒
東経140度28分38.7秒
座標: 北緯38度11分56.4秒 東経140度28分38.7秒
山系 奥羽山脈
種類 成層火山
雁戸山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要[編集]

笹谷峠の南に位置する火山である。蔵王連峰のうち北蔵王と呼ばれる山塊である。東麓にはセントメリースキー場があり、西麓には馬見ヶ崎川に造られた蔵王ダムがある。

雁戸火山[編集]

火山活動時期は約40万年前であり、第四期火山に分類される。蔵王連峰に属するが、中央蔵王火山に対する寄生火山ではなく、複式火山であり、その活動時期は中央蔵王よりも古い。開析が進んでおり、特に山体の東西ではそれが著しい。そのため火口などの噴火活動の痕跡を見ることはできず、かつての山頂は喪失してしまっているが、山体の南北にはそれぞれ八方平、八丁平と呼ばれる火山性の緩やかな斜面を残し、かつて雁戸山が成層火山であったことが窺い知れる。