天狗岳 (青森県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
天狗岳
天狗岳(青森).jpg
天狗岳(2008年10月撮影)
標高 957.6 m
所在地 日本の旗 日本 青森県西津軽郡深浦町
位置 北緯40度31分38秒
東経140度05分04秒
座標: 北緯40度31分38秒 東経140度05分04秒
山系 白神山地
天狗岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

天狗岳(てんぐだけ)は、青森県西津軽郡深浦町にある白神山地の山である。標高957.6m。

概要[編集]

天狗岳の南は、世界遺産地区のコアゾーンとなっている。

山菜採りの人が度々行方不明になったことがあるため、「神隠しの山」とも言われていた。 一帯はゼンマイの宝庫で、熊や猿、ニホンカモシカなどの野生動物の生息地区となっている。この天狗峠に青森県によって登山道が造られたのは1994年である。

白神ライン天狗峠が登山口となっており、途中に「ノズの沢」に落ち込む斜面が崩落した場所は、危険なためにロープを使っての移動となる。ここを「ノズの赤たくれ」といい、遠くからもこの崩落地は目立っている。

白神山地の山々を登っている根深誠は、この天狗岳を白神山地で最も眺望の良い山としている。山頂からは、白神山地のコアゾーンはもちろん、追良瀬川源流部や赤石川源流部、日本海男鹿半島まで遠望できる。

天狗岳山頂の三角点
天狗岳登山道から 右上にノズの沢の崩壊地が白く見える