陶磁資料館南駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陶磁資料館南駅
陶磁資料館南駅
陶磁資料館南駅
とうじしりょうかんみなみ
Tojishiryokan Minami
(0.9km) 八草 L09►
所在地 愛知県豊田市八草町
駅番号 L08
所属事業者 愛知高速交通
所属路線 東部丘陵線(リニモ)
キロ程 8.0km(藤が丘起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
315人/日
-2016年-
開業年月日 2005年(平成17年)3月6日
備考 シンボルマーク:LS-L08.svg
テンプレートを表示

陶磁資料館南駅(とうじしりょうかんみなみえき)は、愛知県豊田市八草町にある、愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)である。駅番号はL08

歴史[編集]

計画段階での仮称駅名は、「科学技術交流センター」であった。愛知万博期間中は、長久手会場東ゲートに最も近い駅だった。駅名の由来となった瀬戸市にある愛知県陶磁資料館は2013年6月に愛知県陶磁美術館に改称したが、駅名は変更されていない。

駅構造[編集]

改札口

島式1面2線ホームを持つ高架駅

バリアフリーの対応として出入口・改札内に各1基・合計2基のエレベーターを配置。エスカレーターは場所は確保されているが未設置。安全対策として1・2番線ホームに可動式ホームドアを設置。

のりば[編集]

ホーム 路線 行先
1 東部丘陵線 八草方面
2 東部丘陵線 藤が丘方面

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員315人である。リニモ全駅の中で最も利用者数の少ない駅である。

各年度の1日平均乗降人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗降人員
出典
2004年(平成16年) 912 [2]
2005年(平成17年) 1,335 [2]
2006年(平成18年) 106 [2]
2007年(平成19年) 104 [3]
2008年(平成20年) 86 [4]
2009年(平成21年) 78 [5]
2010年(平成22年) 109 [6]
2011年(平成23年) 171 [7]
2012年(平成24年) 289 [8]
2013年(平成25年) 276 [8]
2014年(平成26年) 296 [8]
2015年(平成27年) 316 [9]
2016年(平成28年) 315 [10]

駅周辺[編集]

駅周辺には広大な森林が広がり、人家などがほとんどない。なお、当駅は瀬戸市長久手市豊田市の境界付近に位置する。

その他[編集]

当駅はリニモの各駅の中で最も海抜が高いところにある(176.3m)[11]。当駅ホームから御嶽山伊吹山、条件が良ければ遠くに白山などが見える。

隣の駅[編集]

愛知高速交通
東部丘陵線(リニモ)
愛・地球博記念公園駅 (L07) - 陶磁資料館南駅 (L08) - 八草駅 (L09)

脚注[編集]

関連項目[編集]