公園西駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
公園西駅
公園西駅
公園西駅
こうえんにし
Koen Nishi
◄L05 芸大通 (1.5km)
所在地 愛知県長久手市丸山
駅番号 L06
所属事業者 Aichi Rapid Transit logo.png愛知高速交通
所属路線 東部丘陵線(リニモ)
キロ程 6.0km(藤が丘起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
580人/日(降車客含まず)
-2011年-
乗降人員
-統計年度-
1,178人/日
-2011年-
開業年月日 2005年平成17年)3月6日
テンプレートを表示
改札口

公園西駅 (こうえんにしえき)は、愛知県長久手市丸山にある、愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)である。駅番号はL06

愛知万博期間中は長久手会場西ゲートに近い駅だった。現在は、名古屋商科大学の最寄駅(駅から南に2km弱)として多くの学生が利用する。大学までは名鉄バスが30分おきに運行している。

愛知万博跡地は愛・地球博記念公園となったが、長らく当駅の近くには入口がなかった(駅より県道215号田籾名古屋線を経て約1km歩くと、公園西側の入口にたどり着くことはできる)が、2015年8月に駅より約150m東に歩行者・自転車用ゲートが整備され、公園へのアクセスが改善された。

芸大通駅から当駅までの距離は1.5kmで、線内で最も長い区間である。

駅構造[編集]

島式1面2線ホームを持つ高架駅

バリアフリーの対応として改札内に1基のエレベーターを配置。

安全対策として1・2番線ホームに可動式ホームドアを設置。

のりば[編集]

公園西駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 東部丘陵線 愛・地球博記念公園八草方面
2 東部丘陵線 藤が丘方面

歴史[編集]

利用状況[編集]

  • 愛知高速交通(乗車人員)
    • 愛知高速交通の発表によると、2011年度の一日平均乗車人員は580人、一日平均乗降人員は1,178人である。
      • 2005年(平成17年) 5,424人(万博開催期間含む)
      • 2006年(平成18年) 380人
      • 2007年(平成19年) 531人
      • 2008年(平成20年) 509人
      • 2009年(平成21年) 528人
      • 2010年(平成22年) 534人
      • 2011年(平成23年) 580人
  • 愛知高速交通(乗降人員)
    • 以下、乗車人員と降車人員の合計。
      • 2005年(平成17年) 8,745人(万博開催期間含む)
      • 2006年(平成18年) 778人
      • 2007年(平成19年) 1,021人
      • 2008年(平成20年) 1,019人
      • 2009年(平成21年) 1,054人
      • 2010年(平成22年) 1,071人
      • 2011年(平成23年) 1,178人

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

愛知高速交通
東部丘陵線(リニモ)
芸大通駅 (L05) - 公園西駅 (L06) - 愛・地球博記念公園駅 (L07)

補足[編集]

  • 愛・地球博開催期間中は隣駅の万博会場駅の混雑に伴い、当駅から藤が丘もしくは万博八草方面に向かう利用者もいた。
  • 万博記念公園日本万国博覧会(大阪万博)開催地の跡地)の東にある大阪高速鉄道国際文化公園都市線(彩都線)にも、この駅と同様に公園東口駅がある。
  • 2013年に公園西駅そばの土地をIKEAが取得。2016年3月31日にイケア・ジャパンに出店用地の引き渡しを行い、以降3年の早いうちに中部地方初の店舗を開店させる予定である。また、公共交通利用を促すために、公園西駅とをペデストリアンデッキ等で結ぶ事も検討されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]