阿呆物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1669年の版の扉絵

阿呆物語』(あほうものがたり、独:Der abenteuerliche Simplicissimus)は、ハンス・ヤーコプ・クリストッフェル・フォン・グリンメルスハウゼンの小説。1668年に変名で発表された。17世紀ドイツを代表する民衆小説であり、当時のベストセラーであるばかりでなく、ドイツ・バロック小説のなかではほぼ唯一現在も読み継がれている作品である。原題は「ジンプリチウスの冒険」の意。

物語は三十年戦争を背景にしている。山村に育った主人公は、10歳のとき、戦争の余波で村が襲われたために逃げ出して孤児となり、森の奥で老いた隠者に拾われる。隠者は彼に「ジンプリチウス」(Simplicius、大阿呆)と名付けて読み書きを教え、2年後に世を去る。天涯孤独となった主人公は戦乱の世を小姓や道化、兵隊などさまざまな職を経験しながら渡り歩き、悪事と女性遍歴を重ねながら世界中を放浪してまわる。やがて長い放浪の果てに故郷に帰ると平和が戻っており、ジンプリチウスは自分の半生を振り返って隠者になることを決め、最後に南海の孤島に渡ってそこで余生を送る。

孤児の主人公が下働きの経験を経て世擦れた若者となり、浮沈の多い生活と冒険を繰り返す、という筋はスペインで流行した悪漢小説の形式に則ったもので、グリンメルスハウゼンはこのジャンルを独自に消化したうえでドイツの現実に当てはめた。ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスター』を予言する作品とも言われ、教養小説を先駆けた小説とも言われるが、作品自体は個人の成長よりも、ジンプリチウスに人間存在一般を代表させてその生を多角的に描き出すことを主眼としている。

1668年に初版5巻本が出版され、好評を得たため翌年に第6巻を加え再刊された。しかし変名のため長い間真の作者がわからず、グリンメルスハウゼンの名が判明したのは1837年のことであった。

参考文献[編集]

  • グリンメルスハウゼン 『阿呆物語』 上中下巻、望月市恵訳、岩波文庫、1953-1954年(上巻に「前書き」として解説)
  • 義則孝夫 「グリンメルスハウゼンYahoo! 百科事典。2013年8月30日閲覧