新井皓士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 皓士(あらい ひろし、1941年5月 - )は、日本の文学研究者、ドイツ文学者、統計言語学者、一橋大学名誉教授、放送大学特任教授。

来歴[編集]

神奈川県小田原市出身。1964年東京大学独文科卒、1966年同大学院修士課程修了、静岡大学専任講師、1971年一橋大学専任講師、1973年助教授、1984年教授、1996年創設された同大言語社会研究科長、2006年定年となる。『ほらふき男爵の冒険』の超絶翻訳で知られ、統計言語学では日本文学、英文学などに対象を広げる異能の学者である。

著書[編集]

  • 近世ドイツ言語文化史論 「祖国」と「母語」が意識されゆくころ 近代文芸社 1994.9
  • ドイツ・ラインとワインの旅路 東京書籍 1994.9

翻訳[編集]

  • 希望の原理 全3巻 エルンスト・ブロッホ 山下肇共訳 白水社、1982
  • ほらふき男爵の冒険 ミュンヒハウゼン ビュルガー編 1983.4 (岩波文庫)
  • 鳥屋の梯子と人生はそも短くて糞まみれ ドイツ民衆文化再考 アラン・ダンデス 平凡社 1988.8
  • 名画による歴史探訪 ヨーロッパの文化と社会 ローゼマリー&ライナー・ハーゲン 岩波書店 1996.4
  • 黄金の鏡 ヴィーラント ユートピア旅行記叢書第8巻 岩波書店 1999.3

外部リンク[編集]