阪谷朗廬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阪谷 朗廬(さかたに ろうろ、1822年12月29日文政5年11月17日[1] - 1881年明治14年)1月15日[2])は、日本漢学者儒学者江戸時代末期は教育者として、明治維新後は官吏としても活動した。東京学士会院議員。

幼名は素三郎[1]通称として希八郎も用いた[1]。字は子絢[1]は素(しろし)[1]、朗廬はである[1]阪谷素名義での著作もある。

阪谷芳郎大蔵大臣東京市長)の父。

来歴[編集]

1822年備中国川上郡九名村(現在の岡山県井原市)で[1]代官所に勤めていた阪谷良哉の三男として生まれた[1]

6歳の時に当時父親が勤務していた大坂へ移り、最初に奥野小山[1]、次いで大塩平八郎のもとで学ぶ[1]。小山からは「遅鈍不能成業」と評されたが、大塩には「異日大成大名」と評された[1]。父親の転勤に伴って11歳で江戸に移転し、同郷の津山出身である朱子学者の昌谷碩(精溪)に入門した[1]。1838年(天保9年)古賀侗庵に師事した[1]。26歳の時、病床にあった母親の世話をするため帰郷する。

1851年、伯父で蘭学者の山成奉造(山鳴大年)の協力により、実家の九名村から少し離れた簗瀬村(現在はともに井原市の一部)に桜渓塾を設立する[1]1853年には代官所が郷校として興譲館(後の興譲館高等学校)を設立するにあたり初代館長に就任する[1]など、地元で後進の指導にあたった。幕末動乱のこの時期、朗廬は開国派の立場であったとされる。

1868年広島藩から藩儒、藩学問所(現修道中学校・修道高等学校)主席教授として迎えられるが[3]1870年廃藩置県で辞職する[1]1871年には再び東京に転居し、明治政府陸軍省に入省する。このころ、5人の息子のうち芳郎を除く4人を相次いで亡くす。その後文部省内務省などの官職を歴任した[1]。また福沢諭吉らとともに明六社に参加、唯一の儒学者として活動した。1879年には東京学士会院議員に選出された[1]

1880年には再び教育を行うべく春崖学舎を設立したが[1]、翌1881年小石川の自宅で病没した[1]

1915年、正五位を追贈された[4]

系譜[編集]

阪谷家(阪谷家系図
2代四郎兵衛の頃、延宝8年(1680年検地帳に、26反7畝2歩(2.65ha)の田と1町5反4畝2歩(1.53ha)の畑を所有とある。3代治兵衛の頃には、田畑4町9反8畝(4.94ha)の地主になった。5代甚平(甚八)は同村友成の伊達家から婿養子に迎えられ、“中興の祖”となった。2町7反6畝7歩(2.74ha)の田と1町1反9畝7歩(1.19ha)の畑を所有して高合計24石となった。延享2年(1745年)に酒造を始め、天明5年(1785年)に250石仕込んだが、天明の飢饉により同6年に半減、同7年には3分の1まで減少した。領主戸川氏から坊主格を賜り、“坂谷”から“坂田”と改姓した。寛延2年(1749年)に御札座役となり札屋と呼ばれるようになった。
                  ┏喜左衛門
四郎兵衛━━―四郎兵衛━━治兵衛━━┫
                  ┗左治兵衛━━甚平━━甚兵衛宗房━━三五八良哉━━素三郎(朗廬)
        ┏━礼之介
        ┃
        ┣━次雄
 (朗廬)   ┃
素(素三郎)━━╋━達三
        ┃
        ┣━芳郎━━━━━┳━希一━━━━━┳━正子
        ┃        ┃        ┃
        ┗━時作     ┣━敏子     ┣━朗子
                 ┃        ┃
                 ┣━和子     ┣━芳直━━━━━┳━素子
                 ┃        ┃        ┃
                 ┣━俊作     ┣━理子     ┣━英子
                 ┃        ┃        ┃ 
                 ┣━八重子    ┣━順子     ┣━民子
                 ┃        ┃        ┃
                 ┣━千重子    ┣━春子     ┗━綾子━━━━━┳━直樹
                 ┃        ┃                 ┃
                 ┗━総子     ┗━秀直              ┗━裕璃
                                                                                                                                            

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 大月明「変革期における思想の形成(一) : 阪谷素の場合」『人文研究』第12巻第8号、大阪市立大学文学会、1961年、 807-819頁。
  2. ^ 大月明「明治期における阪谷素の思想について : 『明六雑誌』・『洋々社談』からみた」『人文研究』第14巻第6号、大阪市立大学文学会、1963年、 535-558頁。
  3. ^ 『修道学園史』(昭和53年)384頁
  4. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.35

参考文献[編集]

  • 『明六雑誌』 上巻、山室信一中野目徹校注、岩波書店岩波文庫〉、1999年5月。ISBN 4-00-331301-1 
  • 『明六雑誌』 中巻、山室信一・中野目徹校注、岩波書店〈岩波文庫〉、2008年6月。ISBN 4-00-331302-X 
  • 『明六雑誌』 下巻、山室信一・中野目徹校注、岩波書店〈岩波文庫〉、2009年8月。ISBN 4-00-331303-8 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]