間宮陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

間宮 陽介(まみや ようすけ、1948年(昭和23年) - )は日本の経済学者京都大学名誉教授。青山学院大学総合文化政策学部特任教授[1]。専攻は社会経済学経済理論経済思想都市論公共空間論に関する著作も発表している[2]

経歴[編集]

長崎県長崎市出身。東京大学経済学部卒業後、同大学院経済学研究科を経て、神奈川大学経済学部助教授・同教授、1993年より京都大学大学院人間・環境学研究科助教授、同教授をへて、2013年、京都大学名誉教授[3]

著書等[編集]

単著[編集]

  • 『モラル・サイエンスとしての経済学』(ミネルヴァ書房、1986年、復刊2014年)
  • 『ケインズとハイエク――「自由」の変容』(中央公論社〈中公新書〉、1989年/ちくま学芸文庫、2006年)
  • 『シリーズ現代の経済 法人企業と現代資本主義』(岩波書店、1993年)
  • 『市場社会の思想史――「自由」をどう解釈するか』(中央公論新社〈中公新書〉、1999年)
  • 『同時代論――市場主義とナショナリズムを超えて』(岩波書店、1999年)
  • 丸山眞男――日本近代における公と私 戦後思想の挑戦』(筑摩書房、1999年/ちくま学芸文庫、2005年)
  • 『丸山眞男を読む』(岩波現代文庫、2014年10月)

訳書[編集]

共編著[編集]

共著[編集]

  • 佐伯啓思宮本光晴『命題コレクション経済学』(筑摩書房、1990年)
  • 山口定ほか『2025年 日本の構想』(岩波書店、2000年)
  • 宮本憲一ほか『経済危機と学問の危機――岩波書店創業90年記念シンポジウム』(岩波書店、2004年)

共訳書[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]